豪徳寺で招き猫を購入するにはどこに行けばいい?豪徳寺の特別な招き猫:価格と購入方法、御朱印の時間や種類まで!猫モチーフの御朱印帳もご紹介

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

招き猫は開運や商売繁盛の象徴として
知られています。

豪徳寺には、
1000体を超える様々な招き猫が集められており、
その魅力を実際に見てきました。

豪徳寺では、
小さなサイズから
30センチメートルまでの招き猫があり、
それぞれのサイズに応じた
価格設定がされています。

この記事では、
豪徳寺の招き猫の価格や購入方法、
また御朱印の種類や受け取り可能な時間について
詳しくご説明します。

さらに、
かわいい猫デザインの
御朱印帳についてもご紹介します。

豪徳寺の招き猫の価格と購入方法

寺の本殿の右側にある寺務所で
招き猫を購入できます。

販売時間は9:00~16:30です。

招き猫には9種類のサイズがあり、
価格は500円から5,000円までです。

豪徳寺での御朱印体験について

豪徳寺での御朱印体験に関する情報を
お届けします。

この寺では、招き猫がある場所と同じく、
本殿の右側にある寺務所で
御朱印をいただくことができます。

受け取り可能な時間は、
朝9時から午後4時半までです。

提供される御朱印は一種類のみで、
その価格は300円となっています。

豪徳寺オリジナルの御朱印帳

豪徳寺では、
かわいらしい肉球の足跡が特徴の
オリジナル御朱印帳が用意されています。

これには紺色と茶色の2種類があり、
さらに招き猫をデザインした
御朱印帳もあります。

これらは訪問者に人気のアイテムです。

豪徳寺の基本情報

– 名称:豪徳寺
– 住所:東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
– 拝観時間:6:00~18:00
(※寺務所の営業時間は9:00~16:30)
– 拝観料:無料
– 駐車場:約30台が収容可能な無料駐車場あり
– アクセス:東急世田谷線宮の坂駅から徒歩5分、
小田急線豪徳寺駅から徒歩12分

豪徳寺には猫だけでなく、
他にも多くの見どころがあります。

特に紅葉の季節には
駐車場が満車になることがありますが、
「akippa(あきっぱ!)」などの
駐車場予約システムが便利です。

豪徳寺の招き猫の歴史

 

江戸時代、約400年前、
彦根藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰途に、
弘徳院という小寺で白猫に迎えられました。

この出会いが井伊家の菩提寺として
豪徳寺を有名にし、
招き猫の発祥の地とされています。

豪徳寺の招き猫の展示場所

豪徳寺には「招福猫児」と称される招き猫が
「招福殿」の左側の奉納所に展示されています。

大小さまざまな招き猫が並び、
見応えのある光景を楽しむことができます。

彦根城のキャラクター

「ひこにゃん」との繋がり

彦根城の400年祭のマスコットキャラクター
「ひこにゃん」は、この地と深い関連があります。

2020年3月26日には「招き猫の銅像の除幕式」に
ひこにゃんが参加した様子が
公式サイトで公開されています。

豪徳寺の見どころトップ3

豪徳寺の境内は広々としており、
特に新緑や紅葉の季節は美しいです。

今回は、
特におすすめのスポットを
3つピックアップしてご紹介します。

1. 歴史ある梵鐘
2. ユニークな三重塔
3. 彦根藩主井伊家の墓所

1. 歴史ある梵鐘

1679年に作られたこの梵鐘は、
世田谷区内で最も古いものの一つであり、
区の有形文化財に指定されています。

2. ユニークな三重塔

2006年に建立された比較的新しい三重塔ですが、
一階の四面には干支の彫刻が施されており、
ネズミの部分には
猫が一緒に彫られているのが特徴です。
訪れると実際の猫が
昼寝をしていることもあります。

3. 彦根藩主井伊家の墓所

山門を入って左手には、
井伊直弼とその家臣たちのお墓があり、
自由に訪れることができます。
この場所は
歴史を感じられる特別なスポットです。

豪徳寺で招き猫を購入するには?

 

以上、
「豪徳寺の御朱印の受付時間と種類、
招き猫に関する情報、そして猫モチーフの
御朱印帳について」をお届けしました。

豪徳寺は、並ぶ猫たちや歴史的な墓所、
静かな雰囲気の中でも楽しめる
素晴らしいスポットです。

美しい景観がSNS映えすることもあり、
訪れる価値のある場所と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました