おせち料理はいつ食べる? 地域によって元日か大晦日か

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

おせち料理は、一般的に元日に食べるとされていますが、
実は地域によっては大晦日に食べる習慣があることをご存じですか?

また、おせち料理にはどのような意味や由来があるのでしょうか。

今回は、日本各地でお正月に欠かせない
おせち料理について調査しました。

おせちを食べるタイミングは?

「おせちをいつ食べるか」という質問には、地域によって答えが異なります。

その地域の人々にとって、特定の日に
おせちを食べることが当たり前とされています。

実際に尋ねてみると、みんなが同じ日に
おせちを食べているわけではありません。

元日

多くの地域では、おせちを元日に食べるのが一般的です。

これは、もともと「三が日には家事を休むために、
保存がきく料理を重箱に詰めておく」という習慣に由来しています。

そのため、元日におせちを食べる地域が多くなっています。

元日の朝

多くの家庭では、元日の朝に新年の挨拶を交わしながら
おせち料理を食べます。

12月後半からは、スーパーや百貨店に黒豆やかまぼこ、
栗きんとんなどのおせち関連商品が並び始めます。

元日の夕方

初詣や親戚訪問、初売りに忙しい人たちは、
元日の夕方や夜におせちを食べることもあります。

この時間には、家族や親戚が集まり、
豪華な料理を囲んでおせちを楽しむことが多いです。

大晦日

一般的には元日におせちを食べることが多いですが、
大晦日におせちを食べる地域もあります。

大晦日の夜に年越しそばと一緒に
おせちを食べる家庭もあるのです。

これは「年取り膳」と呼ばれる風習で、
旧暦の影響で12月31日の日没後を
新年の始まりとしていたためです。

大晦日におせちを食べる地域では、
このような古い習慣が今も続いています。

地域ごとのおせち料理の食べるタイミングの違い

日本各地で、おせち料理を元日に食べるか
大晦日に食べるかという慣習は異なります。

関東地方

関東では一般的に元日におせち料理を食べますが、
食べる具体的な時間帯は家庭によって様々です。

一部の方は「元日の朝から縁起を担いでおせちを食べる」とする一方で、
大晦日の夜更かしの影響で元日の朝は遅く起きるため、
昼や夕方におせちを食べる家庭もあります。

また、日中は親戚訪問などで忙しく、家族全員が揃う夜に
おせちを食べるというパターンもあります。

関東地方では元日におせちを食べるのが普通ですが、
具体的な時間帯は家庭によって異なります。

関西地方

関西地方でも、元日におせち料理を食べるのが通例です。

関東と同様、食べる時間帯は家庭によって異なり、
朝から夜にかけて様々なタイミングでおせちを楽しむことがあります。

他の地域のおせちの食べるタイミング

北海道や東北地方では大晦日におせちを食べる家庭が多く見られます。

北陸地方の一部や岐阜、愛知、宮崎などの地域でも
大晦日におせちを食べる習慣が残っています。

これらの地域では大抵、夜におせち料理を食べます。

ここでは、重箱に詰める代わりに
必要な分だけを皿に盛り付けて食べることが多いです。

また、大晦日に皿盛りのおせちを食べて、
元日には重箱に入れて正月気分を味わうという風習を持つ方もいます。

おせち料理の由来とその意義について

おせちは今では正月に食べる特別な料理として
広く認知されていますが、過去には
正月以外にも食べられることがありました。

おせちの歴史は平安時代に遡り、宮中で行われた「節日」という行事で
提供されていた御節供(おせちく)が起源です。

元々、御節供は元旦のみならず、五節句
(人日、桃、端午、七夕、重陽の節句)にも用意され、
農作物や海の幸の豊かさを感謝し、
神への奉納品とされていました。

この風習が民間にも広まり、特に重視される
元日の御節供の習慣だけが残り、それが今日の
「おせち料理」と呼ばれるようになったのです。

御節供では地域の特産品を捧げていましたが、
おせち料理になると、より豊かな山海の幸を使った
華やかな料理へと変化しました。

また、おせち料理に用いられる食材には
一つ一つ意味が込められています。

おせち料理の主要な食材とその象徴する意味

黒豆:邪気を払い、努力を象徴し、黒く焼けるほどまめに働くことを願う意味があります。

昆布:「喜ぶ」に通じる「よろこんぶ」として、子宝に恵まれる願いが込められています。

数の子:豊富な卵が子孫繁栄の願いを表しています。

田作り:カタクチイワシの肥料が豊作をもたらしたことから、五穀豊穣を祈る意味合いがあります。

伊達巻:巻物に似ていることから、知識や学問の発展を願う意味があります。

海老:曲がった姿が長寿を象徴し、縁起が良いとされています。

紅白かまぼこ:赤は魔除けや厄除け、白は清潔や清らかさを表しています。

栗きんとん:「金団」との語呂合わせで、富や繁栄を願う意味があります。

:「めでたい」と響きが似ており、祝い事に欠かせない食材です。

ぶり:成長の過程で名前が変わる「出世魚」として、出世や成功を願って食べられています。

れんこん:穴が開いているため、将来を見通す力や透明な未来を願う意味があります。

おせち料理の準備とタイミングについて

おせち料理の準備開始時期は家庭によって様々です。

例えば、時間がかかる黒豆や数の子、田作りなどは、
一週間前から作り始める家庭も多いです。

また、日々少しずつ準備を進めていく方も少なくありません。

12月の後半に忙しい人たちは、
年末年始の休みが始まると同時に
おせち作りに取り掛かることが多いです。

この場合、家族が大掃除を担当し、
おせち作りに専念する家庭もあります。

また、おせちを前日に準備する人は、
手間のかかる黒豆などは事前に購入し、
焼き魚や煮物など手軽な料理を自宅で作ることも一般的です。

近年では、おせちを食べない家庭も増加しており、
伊達巻やかまぼこなど正月気分を味わえる惣菜を購入し、
お寿司やピザなどをデリバリーで注文することで、
おせち代わりにする家庭もあります。

つまり、おせちの準備時期は、それぞれの家庭の
ライフスタイルや伝統によって異なるというのが現状です。

おせちの歴史とその風習

一般的にはおせちを元日に食べると考える方が多いですが、
歴史的には大晦日に食べる習慣も存在し、
今もその慣習を守る地域があります。

おせちの起源は、さまざまな祝い事に食べられる
「節日」という行事の料理から始まっています。

かつては正月だけでなく、ひな祭りや子供の日などの
節句にもおせち料理が用いられていたのです。

おせちの各食材に込められた意味を理解すると、
単に豪華な食事を楽しむだけではなく、
それぞれの食材が持つ意義を知ることで、
おせちをより深く味わうことができます。

タイトルとURLをコピーしました