7日の七草粥はいつ食べるのがいいの?朝?夜食べるのは避けるべき?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

日本には、1月7日に七草粥を食べるという伝統的な習慣があります。通常は朝食として食べられることが多いこの七草粥ですが、実際のところ、朝以外の時間に食べても構わないのでしょうか?

多くの方は朝食べるのが一般的だと考えていますが、朝が都合の悪い時もあるでしょう。そんな時、夜に食べても良いのかと思うこともあるかもしれません。

また、伝統的には1月7日に食べますが、6日や8日に食べても問題ないのでしょうか?この記事では、七草粥を食べる最適な時間帯や日について説明します。

7日の七草粥はいつ食べる?朝?

七草粥はもともと1月7日の朝に食べるものとされています。

これには、一年間の健康と豊穣を願う意味が込められています。1月7日はお正月飾りを片付ける日でもあり、朝に七草粥を食べてから飾りを片付けるのが一般的な流れです。

しかし、朝の時間が取れない方も多いため、夜に七草粥を食べることもあります。

ですから、「必ず朝に食べなければならない」というわけではありません。

夜に食べても、健康や豊穣を祈るという本来の意味を大切にすれば問題ありません。

夜食べるのは避けるべき?

七草粥は一般的に朝食として知られていますが、朝はパンを食べるという習慣がある家庭もあれば、朝にお粥を食べたくないという方もいるでしょう。

実際には、七草粥は朝に食べるものですが、朝が難しい場合は夜に食べても問題ありません。

「夜に食べると縁起が悪い」とか「朝に食べないと意味がない」といった迷信は根拠がないことがわかりました。

その結果、最近では朝に限らず昼や夜に食べる人も増えています。

1月7日は「人日の節句」であることを覚えておき、自分の生活スタイルに合わせて七草粥を楽しむのが良いでしょう。

夜に七草粥を食べるのはどう?伝統的には朝が一般的?

七草粥は伝統的に朝食として食べるものですが、夜や朝以外の時間に食べても良いのか、という疑問は意外と多いですね。この習慣がどのように始まったかを知ることが、この疑問への答えを導くかもしれません。

七草粥の起源は中国からのもので、日本へと伝わってきました。古代中国では、1月7日に官吏の昇進試験があった朝、七種類の野菜が入ったスープ(七種菜羹)を食べ、その成功を願っていました。また、この日には邪気を祓うためや健康を願うために七種菜羹を食べる習慣もありました。

ウィキペディアによれば、七草は前夜にまな板に置いて、「七草囃子」という歌を歌いながら包丁で細かくし、翌朝、これを粥に入れるという伝統があります。この歌は豊作を願う儀式と関連があり、地域によっては歌詞に違いがあるそうです。

 

1月6日の夜、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロという七草をまな板に置き、特定の歌を歌いながら細かくします。そして、翌朝、この七草を入れた粥を食べるのが伝統です。

七草を刻む際にはまな板を叩いて音を出したりするのが一般的で、これには邪気や病気を追い払う意味が込められています。

このような風習を尊重すれば、7日の朝が最も適していると言えます。

朝は一日が始まる大切な時間で、寒い季節に温かい七草粥を食べることで、元気に一日をスタートできます。

しかし、現代では朝に忙しい人も多く、夜に食べることも珍しくありません

家族が集まる夜に食べることには、団らんの意味もあります。

七草粥はもともと、お正月に食べ過ぎた後の胃腸を休めるためのものです。そのため、時間帯はそれほど重要ではないと考えられます。

実際、1月中はいつでも七草粥を食べる家庭もあります。

夜はしっかりと食事をしたい時間なので、七草粥だけでなく、他のおかずや付け合わせを用意するのがおすすめです。後半部分では、七草粥に合うおかずや付け合わせについても詳しく触れていきます。

七草粥を簡単に作るコツとその背景

朝が忙しい時にも手軽に作れる七草粥の方法として、フリーズドライの七草を使うのがおすすめです。これを使用すると、七草の下ごしらえが不要となり、炊いたお粥に混ぜるだけで簡単に七草粥が完成します。さらに、ご飯から七草粥を作る方法も手軽で便利です。もっと簡単にしたい場合は、フリーズドライの七草をレトルトの白粥に加えることも良いでしょう。

七草粥に合うおかずや夜に食べても問題ないか

七草粥自体はシンプルで満足感がありますが、夜に食べる場合、少し他の料理を添えたくなるかもしれませんね。そういう時には、和食の軽いサイドメニューを一緒に用意するのが良いでしょう。

七草粥によく合うサイドメニューとしては、以下のようなものが考えられます。

– きんぴらごぼう
– 佃煮
– 味噌汁
– 茶碗蒸し
– お刺身
– 厚焼き卵や出汁巻き卵
– 様々な種類の煮物
– 漬物各種
– お浸しや酢の物
– 魚の甘露煮、煮付け、焼き魚

これらは和食の中でも比較的さっぱりとしていて、七草粥との相性が良いです。中には、ご飯の代わりに七草粥を選び、他のおかずはいつも通りにする人もいます。

ただし、七草粥を食べる目的が胃を休めることにあるため、消化が重い食べ物は避ける方が良いでしょう。軽くて消化に優しいメニューが望ましいです。

夜に七草粥を食べることに関して

伝統的には朝食として食べられることが多いですが、七草粥は朝以外の時間でも食べて問題ありません。現代生活では、夜に食べる方が準備を急がずに済み、リラックスして楽しめるでしょう。

特にお正月の過食で疲れた胃にとって、食べる時間はさほど重要ではありません。七草粥は季節限定の食べ物なので、食べる機会を逃さないように、朝が難しい場合は夜に食べても良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました