年末の候の適切な使用時期は?読み方、および効果的な使用方法と文例の解説!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「年末の候」という表現に対する皆さんの感覚は様々でしょう。年末が近づくこの時期には、特に手紙やハガキでよく見かけます。しかし、この言葉をいつ、どのように使い、どう読むかを詳しく知る人は少ないかもしれません。

この記事では、「年末の候」の基本的な使用法から実際の文例、手紙の締めくくりまでを詳しく紹介します。この機会に、日本特有の時候の挨拶の美しさを学んでみませんか?この記事を読むことで、「年末の候」を巧みに使えるようになるでしょう。

「年末の候」の適切な使用時期

「年末の候」は、12月の中旬から下旬にかけて使用します。

中旬は11日から20日、下旬は21日から月末までを指し、このフレーズは12月10日から31日にかけて使えます。

「年末の候」の読み方とその意味

「年末の候」は「ねんまつのこう」と読みます。時候の挨拶は通常、音読みで、このフレーズも同様です。

「年末」は一年の終わりを、「候」は時期や時候を意味します。この表現は、「今年も終わりの時期が来ましたね」というニュアンスを持ちます。

「年末の候」の使い方と具体的な文例

「年末の候」は12月中旬から使用できますが、月初ではまだ年末感が足りないかもしれません。状況に応じて、下旬に使用すると季節感が出ます。

ただし、29日や30日に送ると、手紙やハガキが新年に届く可能性があるため、年内に届くよう25日までに送ることをお勧めします。

「年末の候」を使った手紙文例集

手紙やハガキを書くとき、「どのように書き出せば良いか」と迷うことがよくあります。特に時候の挨拶を取り入れる際、その正しい使い方が分かりにくいこともあります。

そこで、この記事では「年末の候」を使った様々な状況に合わせた文例を紹介します。

ビジネスの場面、目上の方への手紙、親しい人への手紙の3つのカテゴリーに分けています。それぞれの状況に合わせて、ぜひ参考にしてください。

ビジネスシーンでの文例

– 謹啓 年末の候、貴社のますますの発展を心から祝福申し上げます。いつものご高配に深く感謝しております。
– 拝啓 年末の候、貴社の更なる繁栄をお慶び申し上げます。日頃のご支援に心からの感謝を込めて。
– 拝啓 年末の候、貴社の皆様のご活躍を心よりお祈りしております。いつものご協力に厚くお礼申し上げます。

目上の方への文例

– 謹啓 年末の候、〇〇様の益々のご健康を心から祝福しております。
– 拝啓 年末の候、〇〇様の健やかなご様子を大変嬉しく思います。

親しい人への文例

– 年末の候、クリスマス飾りで彩られた街を歩く中、いかがお過ごしでしょうか。
– 年末の候、忘年会のシーズンが始まりましたね。どうぞお体を大切にしてください。

親しい人へは、堅苦しい「年末の候」よりも「今年ももうすぐ終わりですね」といった軽い調の文面が適しています。

ただし、あまり親しくない知人には「年末の候」を使っても違和感は少ないでしょう。

年末の挨拶における結びの言葉の例

手紙やハガキの結びには、季節感ある言葉を使うと印象的な文章になります。

ただし、手紙の冒頭に使った時候の挨拶を結びにそのまま使用するのは避けた方が良いです。以下は年末の挨拶を用いた時の結びの言葉の例です。

– 来年も変わらぬご支援とご愛顧を賜りたく、心よりお願い申し上げます。謹白
– 〇〇様の来年が幸多き一年になりますよう、心からお祈りしています。敬具
– 新年の準備はお済みですか。ご家族皆様で素敵な新年をお迎えになられることを願っています。

年末の挨拶の際の留意点

年末の挨拶はビジネスシーンや目上の方への手紙に適していますが、文章の冒頭で直接使うのは避けましょう。手紙の始めには「謹啓」や「拝啓」などの頭語を使い、相手への敬意を表すのが良いでしょう。

また、結びには「謹言」や「謹白」「敬具」などの結語を使うことが一般的です。頭語と結語はセットで使うのがマナーです。女性はどの頭語にも「かしこ」を結語として使えますが、ビジネスシーンや目上の方への手紙では控えめな印象を与えるため、使い方には注意が必要です。

12月に使える他の時候の挨拶

「年末の候」は12月下旬に適していますが、12月の上旬や中旬に使える挨拶もあります。以下に代替の挨拶をいくつか紹介します。

小雪の候

「小雪の候」は11月22日から12月6日頃まで使えます。二十四節気の一つで、雪が降り始める時期を意味しますが、実際の天気に関わらず使用できます。

大雪の候

「大雪の候」は12月7日から21日頃まで使えます。これも二十四節気の一つで、雪が多く降る時期を示しています。

師走の候

「師走の候」は12月を通じて使えます。12月の和名として親しまれているため、使いやすい挨拶です。

 

冬至の候

「冬至の候」は12月22日から1月5日頃まで使用可能です。冬至は一年で日が最も短い日を意味し、小寒までの期間に適しています。

歳晩の候

「歳晩の候」は12月下旬にふさわしい挨拶です。年末を意味する言葉で、「年の瀬が近づいていますね」というニュアンスを含みます。

「年末の候」の使い方ガイド

「年末の候」は12月中旬から下旬にかけての温かみのある季節にぴったりの時候の挨拶です。本記事では、「年末の候」の正しい読み方「ねんまつのこう」と、一年の終わりを感じさせるその深い意味に焦点を当てています。

さらに、ビジネス環境や目上の人、親しい人宛の手紙での使い分け方や、感謝の気持ちを表す文例も紹介しています。また、手紙を締めくくるのに適した結びの言葉も示しています。これらの情報を活用することで、年末の挨拶がより心に残るものになります。

美しい日本の伝統を守りながら、年の終わりに「年末の候」を取り入れてみてはどうでしょうか。この記事で取り上げた要点は以下の通りです。

– 「年末の候」は12月中旬から下旬に向けて使うべき時候の挨拶です。
– このフレーズの正しい読み方は「ねんまつのこう」です。
– この言葉は「一年の終わりの時期」を表しています。
– ビジネスの場では尊敬の念を込めて使用します。
– 目上の人には敬意を示す言葉遣いで用いることが望ましいです。
– 親しい人への手紙では、もう少しカジュアルな文脈で使用することもできます。
– 手紙やハガキでの実際の使用例を具体的に説明しています。
– 年末の挨拶に相応しい結びの言葉の例も提供しています。
– 手紙の始めには「謹啓」「拝啓」などの頭語を、終わりには適切な結語を使うべきです。
– 女性は「かしこ」を結語として使用することができます。
– 12月に使える他の時候の挨拶も紹介しています(例:小雪の候、大雪の候)。
タイトルとURLをコピーしました