スーパーボールすくいのコツ!子どもでもカンタン!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

夏祭りでの楽しみの一つが、鮮やかな色のスーパーボールが
水面に浮かぶスーパーボールすくいです。

子どもたちはこのゲームに夢中ですが、中には
「取れないかもしれないし、お金の無駄かも」
と考える親御さんもいるでしょう。

ですが、ちょっとしたコツを掴むだけで、
子どもでもスーパーボールを簡単にすくうことができます。

この記事は「子供でも簡単にできる
スーパーボールすくいのコツ」について紹介しています。

スーパーボールすくいのコツ!子どもでもカンタン!

多くの人がスーパーボールをすくう際、
ボールをポイの真ん中に乗せるのがベストだと思っていますが、
実はこれが間違いです。

実際には、ポイの紙がボールの重みで破れやすくなるため、

この方法は避けた方が良いのです。

スーパーボールを上手にすくうためのコツは以下の通りです

– すくったスーパーボールはポイの真ん中に置かない。
– ポイは水面に対して水平に持たない。
– ポイの持ち手を握らない。
– ポイが乾燥している時にスーパーボールをすくわない。

これらのポイントを意識し、スーパーボールを
ポイにそっと落とすようにすることが、
多くのボールをすくうコツです。

手順は以下の通りです。

1. **ポイを水でしっかり濡らす**

まず始めにポイの紙を全体的に水で濡らします。

これは、紙が部分的に濡れていると
、乾いた部分との境界で簡単に破れやすくなるためです。

例えば、ティッシュが部分的に濡れた場合、
濡れた部分が先に破れるのと同じ原理です。

2. **ポイの持ち手の根本を握る**

ポイの持ち手は基部からしっかりと握ることで、操作が安定します。

店側の許可があれば、持ち手ではなく
ポイの枠を持つとさらに安定しますが、
これが許されていない場合もあるため、事前に確認が必要です。

3. **スーパーボールの横にポイを垂直に挿入**

スーパーボールをすくう前に、ポイを垂直にして水中に差し込みます。

狙ったスーパーボールの直ぐ隣にポイを差し込むのがコツです。

4. **ポイを傾けてスーパーボールを枠に乗せる**

ポイを軽く傾け、スーパーボールが
ポイの枠の端に触れるようにします。

ポイの枠にボールを乗せるように傾けるのがポイントです。

5. **ポイの枠にボールを乗せ、ゆっくりと引き上げる**

スーパーボールがポイの枠にしっかり乗ったら、
そっと水から引き上げます。

ポイの紙はボールを支える役割を果たし、
大部分の力は枠で受け止めます。

6. **ボールを近づけ、スーパーボールを静かに入れる**

ポイをやや傾け、すくったスーパーボールをそっと入れます。

ポイがかなり傾いているため、少し縦に傾けるだけで
ボールが転がり込みます。

これらの手順を踏むことで、スーパーボールすくいが
上手にできるようになります。

このガイドに従えば、子供たちでも
たくさんのスーパーボールをすくうことができます。

実際に、一つのポイで100個以上すくう人もいるんですよ。

子供たちは大人よりもすばやく上達することも少なくありません。

避けるべき行動

スーパーボールすくいで気をつけるべき点を、
以前に紹介したコツと合わせて、
避けるべき行動についても振り返ってみましょう。

– 濡れていないポイでスーパーボールをすくわない
– ポイを水面に平行に使わない
– スーパーボールをポイの紙の中心に置かない
– ポイの持ち手を長く握らない
– お店のルールを守る

特に重要なのは、「お店のルールを守る」という点です。

お店によっては「ポイは持ち手を正しく持つ」や
「ボールを傾けてはいけない」などのルールがある場合もあります。

どれだけたくさんすくいたいと思っても、
ルールを破ることは避けなければなりません。

スーパーボールをたくさんすくうコツを使うことも大切ですが、
ルールを守ることがもっと重要です。

 

これらを覚えると、子供でもすぐに上達できるでしょう。

スーパーボールすくいは子供に人気のゲームですから、
親子で挑戦して楽しい時間を過ごしてください。

 

その他のコツ

スーパーボールすくいのコツ: ポイの選び方

スーパーボールすくいで重要なのはポイの選び方です。

ポイには5号、6号、7号の3種類があり、
5号は厚くて丈夫な紙が使われていますが、
7号は薄くて破れやすいです。

通常、スーパーボールは7号のポイではすくいにくいので、
お店では6号か7号を提供していることが多いです。

お店の裏にポイの空き箱があれば、その号数を確認して、
どのポイを使っているかが分かります。

箱がない場合は、他のお客さんが
スーパーボールすくいをしている様子を見てみましょう。

もしポイがすぐに破れるようであれば、
そのお店は薄い7号のポイを使っていると考えられます。

上手なテクニックを持っていても、ポイが丈夫でなければ
重いスーパーボールをすくうことはできません。

だからこそ、最初に丈夫な7号のポイを
使っているお店を見つけることが、
スーパーボールすくいの上達の第一歩です。

スーパーボールすくいのコツ:ポイの正しい持ち方

スーパーボールすくいで覚えておきたい次のコツは、ポイの持ち方です。

ポイを持つ時に大切なのは、
柄の根本近くの和紙が貼られた部分を
親指と人差し指でしっかりと挟むことです。

柄の先端を握ると、スーパーボールの重さによって
和紙部分に負担がかかりすぎます。

だからこそ、柄の根元をしっかりと持つことが重要です。

また、ポイには表と裏があります。

和紙が貼られた凸面が表で、貼られていない凹面が裏になります。

スーパーボールすくいでは、この凹面を上にして使うのが基本です。

この技術はスーパーボールすくいの基本中の基本で、
動画で詳しく説明されているので、
分からない点があれば参考にしてください。

スーパーボールすくいのコツ:ポイを初めに水に浸す

スーパーボールすくいの3つ目のコツは、
最初にポイを完全に水に浸すことです。

一部分だけを水に浸す方法もありますが、
実はこれは推奨されていません。

一部分だけ水に浸すと、その部分の和紙が弱くなり、
破れやすくなってしまいます。

ですから、初めからポイ全体を水に浸して
和紙の強度を均一にすることが大切です。

これによりスーパーボールの重みが分散され、ポイが長持ちします。

予想外かもしれませんが、これも大切なコツの一つです。

スーパーボールすくいのコツ:ポイを水に入れる角度

スーパーボールすくいの4つ目のコツは、
ポイを水に入れる角度にあります。

ポイを水に入れる際は、約45度の角度で斜めに入れるのが良いです。

この角度をつけることで、水の抵抗が減り、
和紙へのダメージを最小限に抑えることができます。

この方法は動画で詳しく説明されており、
視覚的にも理解しやすくなっています。

スーパーボールすくいのコツ:水の流れに合わせてポイを使う

スーパーボールすくいで覚えておくべき5番目のコツは、
水の流れに合わせてポイを使うことです。

金魚すくいと異なり、スーパーボールは自分から動くことがないため、
流れる水の中でスーパーボールすくいを行うことがよくあります。

大切なのは、水の流れに逆らわないようにポイを動かすことです。

特に子どもたちは、目当てのボールを見つけた際に
急いでポイを水に入れがちですが、
これは和紙が破れるリスクを高める行動です。

ポイを使う際は、和紙が水圧で破れないように注意しながら行いましょう。

水の流れに沿ってポイを動かすことは、
上手にすくうための重要なポイントです。

スーパーボールすくいのコツ:ボールを1つずつ慎重にすくう

スーパーボールすくいで6番目に重要なコツは、
ボールを1つずつ慎重にすくうことです。

屋台で上手にスーパーボールをすくっている人を見ると、
一度に複数のボールをすくっていることがあります。

しかし、基本を理解している人は、1つずつ慎重にすくうことで、
最終的に多くのボールを獲得できるのです。

初めての方は、ポイの近くにある小さなボールを
1つずつすくうことから始めてみましょう。

欲張らずに1つずつ慎重にすくうことが、上手くなるためのキーです。

スーパーボールすくいのコツ:ポイの枠を上手に使う

スーパーボールすくいで覚えておきたい7番目のコツは、
ポイの枠を上手に活用することです。

スーパーボールは小さいながらも重いため、
和紙部分だけですくうとすぐに破れてしまうことがあります。

そこで、ポイのプラスチック製の枠部分を利用して、
スーパーボールを巧みに引っ掛ける方法が効果的です。

この技術に関しては、上の動画で詳しく説明されていますので、
ぜひ参考にしてみてください。

このテクニックをマスターすると、
多くのボールをゲットすることができますよ。

スーパーボールすくいのコツ:ポイを水面から斜めに上げる

スーパーボールすくいの中で8番目に重要なコツは、
ポイを水面から斜めに引き上げるときの角度です。

ポイを真っ直ぐ上に引き上げると、
スーパーボールの重さで和紙が破れてしまい、
ボールが水中に落下してしまうことがあります。

そのため、ポイを水から上げる際も、
水に入れる時と同じように斜めの角度を保つことが重要です。

この斜めに上げる方法をイメージしにくい場合は、
上記の動画が役立ちます。

この動画では、スーパーボールすくいの基本となる
手首の使い方が詳しく説明されています。

スーパーボールすくいのコツ:ポイを垂直にしてすくう

スーパーボールすくいの9番目のコツは、ポイを垂直にしてすくう方法です。

ポイを直立させ、その溝とボールの側面を使って
スーパーボールを挟むように上げるテクニックです。

この方法は、和紙へのダメージを軽減し、
効果的にボールをすくうことができます。

さらに、和紙が破れた後でもボールを取ることが可能になります。

ただし、店によってはこの方法が
好ましくない場合もあるので、注意が必要です。

特に、大人が多くのボールを取るときにこの方法を使うと、
子供たちからの好ましくない視線を受ける可能性があります。

取れない時の最終手段として、
このコツを覚えておくと役に立つでしょう。

スーパーボールすくいのコツ:角のあるボールは避ける

スーパーボールすくいのコツの中で最後に覚えておきたいのは、
変形したボールを避けることです。

最近のスーパーボールすくいでは、
通常の丸いボールだけでなく、四角いものや
角のあるものが使われることがあります。

子供たちは珍しい形のボールに興味を示しやすいですが、
これらの突起部分が和紙を破る原因になることがあります。

初心者は、基本的なスーパーボールすくいの技術に集中し、
丸い小さなボールを主にすくうことをおすすめします。

まとめ

スーパーボールすくいは、全くすくえないか、
無限にすくえるかのどちらかです。

今回紹介した方法は、もちろん後者の無限にすくえる方です。

実際に試してみると、ポイを縦にしてフチに乗せる方法で
紙が破れにくいことがわかります。

大人は途中でやめることもありますが、
子供のうちには思い切り楽しんでください。

子供の時にしかできない経験を積極的にするべきです。

紹介したコツを使って、友達とスーパーボールすくいで
競争するのも楽しいでしょう。

困っている友達がいれば、ぜひこの方法を教えてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました