魅力溢れるラグビー用語!人気の用語と基本用語集!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

2023年、フランスで開催される
ラグビーワールドカップは9月8日に幕を開け、
その興奮は日本にも9月9日に届けられます。

前回2019年に日本で開催された大会では、
日本チームが世界ランキング2位の
アイルランドに勝利し、大きな話題となりました。

現在開催が待ち遠しい今大会では、
ラグビー用語の格好良さが特に注目されています。

本記事では、

– 魅力あふれるラグビー用語とその中でも
特に人気のあるトップ3用語

– ビジネスでのラグビー用語の使い方

– ラグビーの基礎用語集

に焦点を当てて紹介しています。

\ぜひ、他のラグビー関連記事も
チェックしてみてください!/

ラグビー用語のカッコいい用語!

2019年に日本で開催された大会がきっかけで、
ラグビーへの関心が再び高まりました。

特にラグビー用語の魅力が、
多くの人に注目されています。

ここでは、SNS上で特に話題になっている
ラグビー用語を紹介します!

「オフロードパス」

これは、タックルされそうな状態から
サポートする選手へパスをする、非常に高度な技術です。

オフロードパスは、その技術の難易度と
プレーの洗練された美しさで、
多くのラグビーファンから愛されています。

プレーの判断力と技術の輝きが、
このラグビー用語を特に人気にしています。

「ジャッカル」

注目の用語は「ジャッカル」です。

特に日本代表の姫野和樹選手が得意とするこの技は、
多くの注目を集めています。

「ジャッカル」とは、相手選手をタックルして
地面に倒した後にボールを素早く奪う技のこと。

この技の名前の由来は、
オーストラリア代表であったジョージ・スミスが
このプレーを得意としていたことにちなんでいます。

彼のプレースタイルが、
獲物を狩るジャッカルに例えられたことから
名付けられました。

「ノーサイド」

これは試合終了を意味するラグビー用語で、
試合が終わると、すべての選手は一致団結します。

「ノーサイド」の精神は、
試合後には勝敗を超えて選手同士が互いを尊敬し、
友情を深め合うという美しい伝統です。

試合中は激しい競争がありますが、
終わりと共に全ての選手がひとつになります。

スクラム

「スクラム」という用語は
元々ラグビーで使われるプレーを指すものですが、
ビジネス用語としても広く受け入れられています。

ラグビーでは、
選手たちが一丸となってボールを
奪うプレーのことを言います。

ビジネスでは、この用語はチームが
一致団結して目標達成のために
協力する様子を比喩的に表します。

特に困難な課題に取り組む際に、
この精神は非常に重要になります。

タックル

「タックル」という用語は、
ラグビーで相手選手を倒す行為を指しますが、

ビジネスでは問題や課題に
積極的に取り組む姿勢を意味します。

直面するチャレンジに対して能動的に行動し、
解決策を見出すことの大切さを教えてくれます。

One for all All for one

「チームワーク」という言葉は
ビジネスだけでなく、
さまざまなシチュエーションで使われます。

普段は「全員が一人のために、一人が全員のために」
という意味で捉えられますが、

ビジネスでは「全員が共通の目的のために」
という視点で理解することが推奨されます。

ラグビー入門:基礎用語ガイド

ラグビーの世界へようこそ!

ここでは、ラグビーを理解するために
知っておきたい基本用語を紹介しています。

これらの用語は簡単に説明しているので、
お子さんに教えたい時にも最適です。

– **トライ (Try):**

ラグビーにおける主な得点方法。相手のゴールエリアにボールを持ち込むことで点が入ります。サッカーのゴールと似た感覚です。

– **スクラム (Scrum):**

ボールが地面に落ちたり、あるいはルール違反があった時に形成される、選手たちが密集してボールを争う状況です。チーム全員で力を合わせてボールを獲得します。

– **ラインアウト (Lineout):**

ボールがタッチラインを越えてフィールド外に出た際に行われる、ボールを空中に投げ上げて競り合うプレー。成功すればチームに有利な展開を作れます。

– **コンバージョン (Conversion):**

トライ後、さらに得点を獲得するためにゴールポスト間からボールを蹴ること。

– **ペナルティ (Penalty):**

ルール違反があった場合に、相手チームに与えられる特別な機会。ボールを蹴ったり、プレーを再開したりすることができます。

– **オフサイド (Offside):**

選手がプレーしてはならない位置にいて、不当に参加してしまうこと。反則となります。

– **ドロップキック (Drop Kick):**

ボールを地面に落としてから蹴るキック。

– **トライライン (Try Line):**

ゴールエリアを区切る線で、このラインの後ろにボールを持ち込むとトライが成立します。

– **ラグビーボール (Rugby Ball):**

ラグビー専用のやや楕円形のボール。

– **ディフェンス (Defense):**

相手の攻撃を防ぎ、自チームのゴールエリアを守る行為。ボール奪取や相手の進行を止めることが主な目的です。

– **ノックオン (Knock On):**

ボールを前方に落とすこと。これによりプレー権が相手チームに移ります。

– **スクラムハーフ (Scrum Half):**

攻撃の司令塔となる重要な選手。スクラムからボールを出し、パスやキックでチームの攻撃をリードします。

– **フルバック (Fullback):**

守備と攻撃のサポートをする選手。相手のキックをキャッチしたり、攻撃参加時にボールを受けるなど、多岐にわたる役割を担います。

– **コンタクト (Contact):**

プレー中に選手同士が接触すること。特に、ボールを持つ選手を止めようとする際に発生します。

– **オフサイドライン (Offside Line):**

スクラム時に形成される、スクラムの最後尾選手の足から5メートル後方のライン。スクラム外の選手がこのラインを越えてしまうとオフサイドになります。

– **フォワード (Forward):**

チームの中で、主にスクラムやラックで力強いプレーを見せる選手群。身体的な強さを生かしたプレーを得意とします。

– **バック (Back):**

スピードや技術を駆使してボールを動かし、得点のチャンスを作る役割を持つ選手群。敵を出し抜いたり、トライを目指したりします。

– **リーグ戦 (League Match):**

複数チームが参加し、一定期間を通じて対戦し順位を争う試合形式です。

– **ハーフタイム (Halftime):**

前半と後半の間に設けられる休憩時間。戦略の見直しや体力の回復に利用されます。

– **ハンドオフ (Handoff):**

ボールを持つ選手が、進行方向の相手選手を手で押しのける技術。相手を回避するために使われます。

– **ラック (Ruck):**

ボールが地面にある状態で、両チームの選手が集まってボールの支配を争うプレー。

– **スクラムキャップ (Scrum Cap):**

ラグビー選手が頭部を保護するために着用するキャップ。

– **サイドステップ (Sidestep):**

ボールを持つ選手が急に横へ移動して、相手選手をかわす技術。

– **キャプテン (Captain):**

チームの指導や試合中の意思決定を行うリーダー選手。

– **リーキャッチ (Lineout Catch):**

ラインアウトでボールをジャンプしてキャッチする技術。正確なタイミングと跳躍力が必要です。

– **デッドボールライン (Dead Ball Line):**

ボールがこのラインを超えるとプレーが停止し、ボールがアウトオブプレーになります。

– **チャージダウン (Charge Down):**

相手のキックをブロックする行為。

– **トライエリア (In-Goal Area):**

トライラインからゴールラインにかけての得点を狙うエリア。

– **パントキック (Punt Kick):**

ボールを前方高く蹴り、距離を稼ぐキック。

– **アドバンテージ (Advantage):**

反則が発生した際に、
反則を受けたチームが有利な状況を作り出せるとき、
プレーが一時的に続行されるルール。

まとめ

2023年にフランスで開催される
ラグビーワールドカップが大いに盛り上がっています。

ラグビー用語を覚えることで、
試合観戦がもっと楽しくなるでしょう。

日本代表をはじめ、
すべてのチームへの熱い応援をしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました