卒業式の答辞の選ばれ方は?どんな人が選ばれるのか

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

卒業式で答辞を読む人は誰なの?
どんな人が選ばれるのか解説します

卒業式といえば、
それぞれの進路へと旅立っていく
とても大切な日です。

しんみりとした気持ちで迎える卒業式の日には、
校長先生や来賓の方の祝辞、
在校生の送辞のお祝いの言葉がありますよね。

祝辞や送辞が終わった後は
卒業生からの答辞が読まれることが一般的です。

ほとんどの人は
学年を代表して答辞を読む人には
あまりなりたくないのではないでしょうか?

答辞を読む人に選ばれてしまったときの
プレッシャーはすごいものですよね。

反対に、答辞を読みたい人もいると思います。

選考基準は何なのでしょうか?

答辞を読みたい人や
何が何でも読みたくない人のために、
『卒業生を代表して答辞を読むのは
どんな人なのか?』について調査してみました。

答辞を読むのはどんな人なの?

答辞を読むのは
基本的に学年を代表する一人の学生です。

学年の代表であるため、
誰でもいいわけではありません。

しかし、
学校によって選ばれる基準は異なり、
答辞を読む人は学校により様々なようです。

では、学年の代表として答辞を読む人は
どのようにして選ばれるのでしょうか?

答辞を読む人の選考基準は
以下の5つが多いようです。

・部活動、課外活動で優秀な成績を修めた人
・名簿順で名前が一番前の人
・読みたい人を募集して、その中から先生が選ぶ
・成績優秀者
・生徒会長

上記の選考基準からわかる通り、
やはり勉強もしくはそれ以外の何かに
秀でている人が選ばれる傾向にはあるようです。

私の通っていた中学では成績が1位の人、
高校では陸上競技で好成績を残した人が
読んでいました。

答辞とは何なのか?

答辞とは、卒業生が贈られた
「祝辞(校長や来賓の方からのお祝いの言葉)」や
「送辞(在校生からの卒業生を送り出す言葉)」
に対してお礼をする言葉のことです。

答辞は祝辞や送辞に対して
述べられるものなので、
感謝の気持ちを伝える内容となっています。

ここまで育ててくれた両親や学校の先生、
後輩といったお世話になった方々に対して
お礼をするとても大切な言葉です。

また、感謝の言葉以外にも
『学校生活で印象的な思い出』を述べます。

学校生活での思い出を述べる理由は、
今まで育ってきた環境や
人生に対しても感謝を伝えるためです。

周囲の人や環境に感謝をした後の締めに、
『これからの進学先や就職先に対する
希望や抱負』なども
述べられることが多いようです。
答辞の構成は?

実際に感謝を伝えるための答辞は
どのような内容なのでしょうか?

調べてみたところ、
答辞の構成は以下のような流れが
一般的なようです。
(1)冒頭(あいさつ)
(2)卒業式開催のお礼
(3)卒業式に参列している方へのお礼
(4)学校生活の思い出
(5)お世話になった方への感謝
(6)母校発展への願い
(7)卒業後の決意
大まかな流れは上記の通りですが、
学校ごとに例文があるので、
先生に聞いて文章を作ることになると思います。

答辞を読む時間は1分半から2分程度と、
あまり長すぎず短すぎない程度が
いいようです。

有名人の言葉を引用したり、
詩などを入れたりすることもあるようです。

しかし、目立ったり、
自分らしさを発揮したりする場所ではないので、
笑いを取ろうとしたり、
変なことを言ったりしないように
注意しましょう。

卒業式で答辞を読む人はどんな人?【まとめ】

答辞は多くの人や育ってきた環境に対する
感謝の言葉を述べるものです。

一人の学生が学年の代表として
感謝の気持ちを伝えるので、
やはり選考基準はあるようですね。

答辞を読む人に選ばれたい人は
勉強や運動を頑張りましょう。

反対に読みたくない人は、
あまり目立たないようにするしかないですね。

多くの人や思い出に感謝する
とても大切な言葉である答辞を読む人に
選ばれることはとてもすごいことです。

選ばれた人は学年の代表として
堂々と読み上げましょう。

タイトルとURLをコピーしました