X(旧Twitter)スペースに匿名で参加できる?ホスト側には名前はバレるの?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

X(旧Twitter)のスペース機能について、匿名で参加した際にその匿名性がどの程度維持されるのかを考察します。

利用者はスペースを聴く際、匿名オプションを選べます。これにより他のリスナーにはその存在が隠される設定になっていますが、この匿名性がホストに対しても有効かどうかは明らかではありません。

X(旧Twitter)スペース内での匿名性の扱い

X(旧Twitter)スペースでは、通常、参加者の活動は全て公開状態です。

スペースにログインして参加すると、フォロワー、ただ見ているだけの人、またはXのAPIを介してスペースの情報を取得している開発者などに、その参加者のアカウントが見えることになります。

しかし、匿名モードでは、発言やリアクションは不可ですが、ホストは参加している匿名ユーザーの数を知ることができます。

匿名で参加可能です。

しかし、

参加者が匿名で参加できるかどうかは、
ホストの人が決めとくめいます。

ホストの人が匿名の人も参加を許可していれば、
匿名で参加が可能です。

現在この機能は開発中であり、具体的な実装時期や詳細はまだ未定です。

匿名で参加した場合、「○○人がリスニング中」と表示される人数が増え、実際に匿名で参加しているユーザーがいることが推測される状況になる可能性があります。

 

匿名の人も参加を許可としていれば、
スペースにシークレットモードのフラグが追加されます。

全体の人数は見れる
ホストは任意の人をシークレット状態にできる
名前を隠してスペースに匿名参加できる
ホストは匿名の人の名前の確認は不可。(ホスト側には名前はバレない)

という機能になります。

匿名で参加した時、 ホストには名前はバレる?

X(旧Twitter)スペースでは、匿名で参加することが可能です。

この機能を利用すると、他の参加者からは見えなくなります。

ただし、匿名ユーザーがホストに表示されるかどうかは、現在のところホストにも見えないとされています。

X(旧Twitter)スペースでは、ユーザーは「ホスト」「共同ホスト」「スピーカー」「リスナー」の4つのカテゴリに分けられます。

– ホストはスペースの運営を行い、発言や招待、終了の操作が可能です。

– スピーカーはホストの招待を受けて、スペースで話すことができます。

– リスナーは、放送を聞いて会話を楽しむことができます。
さらに、スペースで話せるスピーカーの最大数は、ホストと共同ホストを含めて13人までに限られています。

X(旧Twitter)スペースにおける匿名機能のまとめ

X(旧Twitter)スペースには、新しく匿名リスニング機能が追加されました。

この機能を有効にすると、リアクションやスピーカーへの申請が不可能になりますが、ホストや他の参加者からは完全に隠れることができます。

匿名参加を選択すると、そのユーザーの名前はホストにも見えなくなりますが、参加者全体の数は確認できます。また、ホストは特定のユーザーを匿名状態に設定することも可能です。

タイトルとURLをコピーしました