「ロッテリア」と「ロッテ」の関係性は? 同じグループの一員なの?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「ロッテリア」、
この有名なハンバーガーチェーンと
スイーツで知られる「ロッテ」の間には
どのような関係があるのでしょうか。

多くの人が疑問に思うのは、
これらがどのように関連しているのか、
あるいは「ロッテリア」が
「ロッテ」の一部なのかという点です。

実は、「ロッテリア」は「ロッテ」の子会社であり、
同じ企業グループに属しています。

この事実は私も以前から推測していたことですが、
実際にそうだったのですね。

しかし、
「ロッテリア」がどのようにして誕生したのか、
また、その名前がどのような経緯で
決まったのかは興味深い話です。

「ロッテリア」の名前は、
親会社「ロッテ」から派生し、
「リア」はどのような背景で
加わったのでしょうか。

これらの話題について、
この記事で詳しく掘り下げていきます。

「ロッテリア」と「ロッテ」の関係とは?

「ロッテリア」の起源は、
お菓子メーカー「ロッテ」の
ファストフード部門に遡ります。

1972年に埼玉県浦和市にあるロッテの工場で
アイスクリーム販売を始めたのが最初でした。

その後、
東京の高島屋日本橋店と松坂屋上野店に
最初の「ロッテリア」店舗をオープンしました。

そして、
「ロッテリア」という名前の由来ですが、
これは「ロッテ」と「カフェテリア」を
組み合わせたもので、洗練された響きがあります。

アメリカのファストフード業界の影響を受け、
「ロッテリア」は均一価格設定や
接客マニュアルなど、
当時の日本では珍しい施策を取り入れました。

初期のメニューはハンバーガーや
チーズバーガーが中心で、
やがて新商品の開発に力を入れ、
1977年には有名な「エビバーガー」が誕生しました。

しかし、1990年代に入ると経営戦略が安定せず、
売上が低下し、全国に広げていた店舗数を
減らすこととなりました。

かつて全国に店舗を構えていた「ロッテリア」も、
現在では長野県、鳥取県、島根県、高知県、
福井県からは完全に撤退しています。

株式会社ロッテホールディングス: 幅広い事業展開

株式会社ロッテホールディングスは、
多岐にわたる事業を手がける
大手企業グループの中核をなしています。

ハンバーガーチェーンの「ロッテリア」も
その一角を担い、飲食業だけでなく、
様々な業界においてグループ各社が活躍しています。

例えば、「千葉ロッテマリーンズ」は
野球ファンに親しまれ、
宿泊施設の「ロッテシティホテル」や
ゴルフ愛好者に人気の「ロッテ葛西ゴルフ」も
ロッテホールディングスの傘下にあります。

また、
スイーツ好きなら「メリーズチョコレート」や
「銀座コージーコーナー」もお馴染みでしょう。

私も「銀座コージーコーナー」での
シュークリームやケーキの買い物が楽しみで、
これらがロッテグループの一部だとは
意外でした。

バレンタインシーズンには
「メリーズチョコレート」をよく選ぶため、
その品質の高さには常に満足しています。

さらに、韓国に展開する「ロッテホテル」は、
韓国ロッテグループの持ち株会社として、
実質的に日本のロッテホールディングスが
親会社となっています。

ロッテリアとロッテの関連性【総括】

「お口の恋人ロッテ」
というフレーズで多くの人は
ガムを思い浮かべるかもしれません。

私自身、最初はロッテといえば純粋に
「お菓子の会社」
というイメージを持っていました。

ところが、日頃からよく利用する
「銀座コージーコーナー」や
「メリーズチョコレート」はじめ、
ホテルやゴルフ場の運営、
そして韓国での事業展開まで、
ロッテグループが手掛ける事業の多様性には
驚かされました。

ロッテリアについては、
経営方針の不安定さから
店舗数が減少傾向にありますが、
それでも独自の商品ラインナップで
一定のファン層を維持しています。

これからのロッテリアの展開にも注目が集まります。

タイトルとURLをコピーしました