【2024】小正月の由来はなに?成人式との関係は?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

お正月は新年を祝う行事として知られていますが、その中に「小正月」と呼ばれる特別な日が存在します。

では、「小正月」とは具体的に何なのでしょうか?多くの方は名前を聞いたことがあるかもしれませんが、その内容については詳しく知らない方も多いでしょう。

本記事では、1月15日に行われる「小正月」の意味や由来、お祭りの習慣やおすすめの食べ物について紹介します。

小正月の由来はなに?

「小正月」という期間は、古い暦のシステム、特に旧暦の影響が色濃く反映されています。

また、この時期は女性や成人にとっても特別な意味を持つ節目です。

小正月と旧暦のつながり

小正月は、旧暦(太陰太陽暦)に基づいた月の周期から生まれた行事です。

昔の日本では、新月を月の始まりとし、満月を月の半ば、つまり十五夜として日々を数えていました。

旧暦においては、年の初めの満月である1月15日が正月として祝われていました。

しかし、明治時代に太陽暦(新暦)への切り替えが行われた後、1月1日が「大正月」、1月15日が「小正月」と呼ばれるようになりました。

成人式と小正月の関連は?

伝統的に、1月の満月である小正月は成人の儀式が行われる日とされてきました。

1999年までは、成人式もこの1月15日に行われていましたが、2000年以降はハッピーマンデー制度により1月の第2月曜日に変更されています。

小正月と女性の重要性

年末から新年にかけての忙しい時期を終え、ゆっくりと休む女性たちにとって、

小正月は「女正月」として親しまれています。

一方で、大正月は「男正月」とも呼ばれ、年男が中心となって祝うことが多いです。

「小正月」の意義とは何ですか?

「小正月」とは、毎年1月15日を中心に祝われる正月の伝統的な行事です。
1月1日は「大正月」と呼ばれ、新年の神様をお迎えする日とされています。
これに対し、「小正月」は家庭で豊かな収穫や家族の健康を祈る行事です。
大正月:1月1日から3日まで、新年の神様を迎える期間
小正月:1月15日(または1月14日から16日まで)、豊作や家庭の安全を願う期間

2024年の「小正月」はいつ開催されますか?

「小正月」は毎年1月15日に行われます。
この日は毎年変わることはありません。
2024年においては、1月15日は月曜日に当たります。
地域によっては、1月14日から16日までの3日間を「小正月」とする場合もあります。

小正月の祝い方

1月15日の小正月は、豊かな収穫や家族の健康を願う大切な日です。例えば、玄関に餅花を飾ったり、小豆粥を食べたりするなど、様々な伝統的な祝い方があります。また、正月飾りをいつまで飾るかという疑問に対しても、小正月がひとつの目安とされています。

この記事を通して、小正月の意味や由来、さらにはその祝い方についての理解を深めていただけると嬉しいです。皆さんにとって、新年が素晴らしいものになりますように。

タイトルとURLをコピーしました