マックシェイクのメンテナンス時間は?機器の詳細解説

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

マクドナルド

「マックシェイクを飲みたい!」
と思ってマクドナルドに足を運んだら、
「今、メンテナンス中です」と告げられ、
購入できないことがたまにありますよね。

実は、マックシェイクのメンテナンスは
毎日午前5時から10時30分に行われ、
この時間帯は購入できません。

午前10時30分以降から翌1時までは購入が可能です。

今回は、メンテナンスの詳細や、
機器の状態を確認できるアプリについて
ご紹介します。

マックシェイクのメンテナンスはいつ行われるの?

24時間営業のマクドナルド店舗では、
特に朝の時間帯にシェイクマシンの清掃と
メンテナンスが行われることが多いです。

多くの店舗では、
午前5時から10時30分までの間に
消毒と分解作業を1回実施します。

店舗によっては、この作業が早く終われば、
その後すぐに販売を再開することもあります。

メンテナンスはどのように行われるの?

通常、午前5時から10時30分の間に
日常的な消毒作業と定期的な分解作業が行われます。

しかし、この作業は専門的な技術が必要なため、
すべてのスタッフが行えるわけではありません。

そのため、朝の時間帯に
必要なスタッフが不在の場合は、
営業時間中にメンテナンスを
実施することもあります。

これらの作業は衛生管理を徹底するために
非常に重要です。

なお、マックシェイクとフルーリーは
同じ機器で作られているため、
朝の時間帯にはこれらを購入することができません。

また、マクドナルド公式サイトでは、
「時々なぜ販売されていないのか」
という疑問に対し、
「定期的なメンテナンスや突発的な故障を考慮し、
お客様の安全を最優先に販売を控えることがある」
と説明しています。

シェイクマシンの分解作業について

シェイクマシンの分解作業は、「シェイク分解」
としてスタッフ間で呼ばれています。

この作業は複雑で、
細かな部品の扱いや組み立て手順を
しっかりと覚える必要があり、
繰り返しトレーニングが必要です。

具体的な作業手順としては、
まず脚立を使って大きなマシンを分解し、
洗浄した後に再組み立てを行います。

この一連の作業を
数時間内に完了させる必要があります。

マシンを停止させ、
内部のシェイクを全て排出した後に、
正しい手順で分解を行います。

分解作業中には、
間違った手順を踏むとシェイクミックスが急に
噴出する可能性があるため注意が必要です。

実際に多くのスタッフが
このような経験をしていると言われています。

マックシェイク機器の故障状況を リアルタイムで確認できるアプリについて

アメリカのマクドナルドでは、
マックシェイク用の機器が
頻繁に故障する問題があり、
それに対応するためソフトウェアエンジニアの
Zahid氏が「mcbroken」
というアプリを開発しました。

このアプリは、マクドナルドの
アイスクリームマシンが故障しているかどうかを
リアルタイムで確認できる便利なツールです。

以前は「Ice Check」というアプリも
iPhoneやiPad用にリリースされていましたが、
こちらはクラウドソーシングを主に利用して
情報を更新しており、リアルタイム性や
精度の面でいくつかの問題がありました。

マックシェイクのメンテナンス時間と 故障確認アプリの概要【まとめ】

本記事では、マックシェイクの
メンテナンスのスケジュールと、
機器の故障をチェックできるアプリについて
ご紹介しました。

マクドナルドで楽しみにしていた
マックシェイクが「現在販売できません」
という理由で購入できない時は残念ですよね。

機器の故障は仕方がないことですが、
日本でもこのような機器の状態を
確認できるアプリがあれば、
とても便利だろうと思います。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました