「暮雪の候」の使用時期と意味: 読み方から使い方までの完全ガイド

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

この記事では、「暮雪の候」という表現の
使用時期、正しい読み方、そしてその例文や
まとめ方まで、詳しくご紹介します。

日々の挨拶から、なじみの薄い
「暮雪の候」のような言葉まで、
時候の挨拶には様々なものがあります。

このユニークな表現をいつ、
どう使えばいいのか、
その深い意味を知りたいと思う方も多いでしょう。

そこで、ここでは「暮雪の候」の
具体的な使い方について説明します。

「暮雪の候」の適切な使用期間

「暮雪の候」は、
主に2月の初めから中旬にかけての時期に
ふさわしい時候の挨拶です。

時候の挨拶には明確に
使用期間が定められているものから、
少し曖昧なものまでありますが、
「暮雪の候」の場合は2月1日から20日頃までが
適切な時期とされています。

「暮雪の候」の意味と読み方

この挨拶は「ぼせつのこう」と読みます。

普段使われることの少ない表現で、
読み方が分かりにくいかもしれません。

「候」の字は「そうろう」と間違えやすいですが、
正しくは「こう」と読みます。

「暮雪」は夕暮れに降る雪を意味し、
時候の挨拶としては冬の終わりに降る雪を表します。

冬が深まると日が短くなり、
夕暮れに降る雪も見逃されがちです。

しかし、季節が移り変わり冬が終わると、
日が長くなり、夕方も明るくなるため、
雪がよりはっきりと見えるようになります。

「候」という言葉には
時期や気候を意味することから、
「暮雪の候」は「夕暮れ時に雪が見えるほど
日が長くなり、冬から春へと季節が変わる時期」
という意味合いがあります。

「暮雪の候」の正確な使い方

「暮雪」は夕暮れに降る雪を表す言葉です。

そのため、
夕方に雪が舞う時期だけにこの表現を使うべきだ
と考える方もいるかもしれません。

しかし、「暮雪の候」は実際には
冬の終わりを象徴する言葉であり、
2月の初旬から中旬にかけて、
雪が降らなくても使用できます。

ですから、12月や1月に雪が降る地域であっても、
「暮雪の候」を使用することは適切ではありません。

「暮雪の候」を使った文の例

「暮雪の候」を文中で使う際は、
相手や状況に応じて適切な言葉遣いを
選ぶことが大切です。

以下では、ビジネス文書、目上の方への手紙、
親しい人へのメッセージといった
異なるシチュエーションでの
「暮雪の候」の使用例を紹介します。

ビジネス文書での使用例

– 謹啓 暮雪の候、
貴社のさらなるご繁栄をお祝い申し上げます。
これまでのご支援に心から感謝申し上げます。

– 拝啓 暮雪の候、
貴店の更なる発展を心よりお慶び申し上げます。
いつもお世話になっており、
深く感謝しております。

– 拝啓 暮雪の候、貴社の持続的な繁栄を願い、
お祝いの言葉を申し上げます。
日頃のご厚誼に厚くお礼申し上げます。

目上の人への手紙での使用例

– 謹啓 暮雪の候、
〇〇様のますますのご健康とご成功を
お祈りしております。

– 拝啓 暮雪の候、
〇〇様が健康で何事も順調でありますよう
心から願っております。

親しい人へのメッセージでの使用例

– 暮雪の候、まだ寒い日々が続いていますが、
皆さまの健康と幸福を願っています。

– 暮雪の候、冬が少しずつ柔らかくなり、
暖かい日が増えてきました。
みなさま、お変わりありませんか?

「暮雪の季節に」を使った手紙の結び方

手紙を締めくくる際の結び言葉は、
文の最後に書く部分であります。

ビジネス文書では季節に関わらず使える
標準的な結びがありますが、
季節感を取り入れた結び言葉を選ぶことで、
手紙に統一感が出て、より温かみを感じさせます。

今回は、「暮雪の季節に」にちなんだ
結び言葉の例をご紹介します。

– 寒さがまだ厳しいこの時期ですが、
どうぞお身体を大切になさって、
健やかにお過ごしください。敬具

– 寒さが続く春の始まりに際して、
ご自身の健康には十分気を付けてください。謹言

– 春が近づくこの時期、
梅の花の香りに囲まれながら、
皆様の健康と幸せを心からお祈りしています。
敬具

※「かしこ」は比較的カジュアルな言葉で、
特に女性が用いることがありますが、
ビジネス文書や目上の方に対する手紙での使用は
避けたほうがよいです。
「かしこ」を使う場合は、
親しい人とのやり取りに限定すると良いでしょう。

「暮雪の季節に」を使う際の注意点

ビジネス関連や目上の方への手紙では、
文の始めにすぐに「暮雪の季節に」のような
季節の挨拶を使うのは適切なマナーとは言えません。

「暮雪の季節に」は漢詩風の季節の挨拶で、
敬意を表すためには、それに先立って
適切な頭語を付けることが望ましいです。

「謹啓」や「拝啓」などの頭語は、
敬意を込めた挨拶として広く使われ、
ビジネス文書や目上の方への手紙に欠かせません。

また、頭語と結びは
一緒に使われるのが一般的です。

「謹啓」を使った場合は「謹言」や「謹白」を、
「拝啓」を使った場合は「敬具」や「敬白」を
文の終わりに加えることで、
文章に礼儀を加えることができます。

親しい人とのやりとりでは、
このような形式に拘る必要はありません。

頭語を使うと公式な印象を与えてしまうため、
相手との関係や文脈に応じて
適宜調整することが重要です。

2月における他の時候のあいさつについて

「暮雪の候」という言葉は、
その珍しさで手紙を受け取る人を
楽しませることができる特別な挨拶です。

しかし、もっと一般的な言い回しや、
季節の雰囲気を直接的に伝えたいと
願う方もいらっしゃるでしょう。

そのために、2月において「暮雪の候」以外で
使える時候のあいさつをご紹介いたします。

立春を迎えてからの時候

立春が始まり、
それに続く雨水までをカバーする挨拶で、
おおよそ2月4日から2月18日までの間が
これに当たります。

立春は春の訪れを告げるもので、
古来からこの時期は
新年の開始とみなされてきました。

余寒が感じられる時候

立春の頃、つまり大体
2月4日から2月末までの期間に使える挨拶です。

「余寒」とは、立春を過ぎた後も
引き続き寒さが残る状態を示します。

2月は寒い日がまだ多いため、
この表現が適切です。

梅とウグイスの季節

立春から啓蟄にかけての期間、
大体2月4日から3月5日までを指します。

梅の開花とウグイスの鳴き声が聞こえる
この時期には、送り先の地域の気候に合わせて
この挨拶を使うと良いでしょう。

特に寒い地域では、この時期に梅が咲くことや
ウグイスが鳴くことは少ないかもしれません。

春の寒さを体感する時候

立春の後、大体2月19日頃から3月中旬まで
適用できる挨拶です。

「春寒」とは、
カレンダー上では春になったとしても、
寒さが再び訪れることを意味します。

この言葉は「余寒の候」と似た意味合いを持ちつつ、
使用できる期間が少し長くなります。

三寒四温の季節

立春から啓蟄にかけての期間、
すなわち2月4日から3月5日頃にかけての
挨拶として適しています。

「三寒四温」とは、寒い日が3日続いた後に
暖かい日が4日続く、春が近づいていることを
感じさせる天気のパターンを表します。

概要

「暮雪の候」は2月の初旬から中旬にかけて
適切に使われる時候の挨拶で、
特定の日付で使用する
明確なルールは存在しませんが、
大体月の1日から20日あたりが対象となります。

この時期は冬が終わり春が近づく過渡期で、
日の長さが少しずつ伸びてきて、
夕方に雪が見られるようになる現象を指して
「暮雪」と表現します。

タイトルとURLをコピーしました