3センチを手軽に測る方法!日常にあるモノで簡単測定

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

オンラインで物を売る時、
商品の厚みが3センチ以内かどうかは、
非常に重要です。

この厚さを超えると配送料が急に高くなり、
かなりの経済的な負担になります。

そのため、商品をできるだけ
薄くしようと努力するわけですが、
実際に3センチを正確に測る道具が
手元にないということもよくあります。

そんなわけで、急いで3センチを測る方法がないか
調べてみたところ、身の回りにあるもので
簡単に測れることがわかりました。

この記事では、そんな便利な方法をいくつか紹介します。

3センチを測る簡単な方法

次のような身近なアイテムで、
3センチの長さを知ることができます。

これらのアイテムは、思いのほかたくさんあり、
日常生活の中で簡単に見つかります。

それぞれの方法を詳しく見てみましょう。

自分の指を使った測定法

何も手元にない時でも、自分の体を
利用して3センチを測る方法があります。

人差し指の爪と親指の第一関節を合わせて
作る輪の直径は約3センチです。

実際に私が試したところ、
内径は約3.2センチでした。

指の内側を測ることがポイントです。

この方法は成人に適しており、
小さい子供が試すと約2.5センチとなるため、
注意が必要です。

硬貨を利用した測定法

財布の中の硬貨を使って
3センチを測る方法もあります。

5円玉は特に縁起が良いとされ、
多くの人がお守りとして持っています。

5円玉2枚を使い、片方の穴の端から
外周までの距離0.85センチと
もう一枚の直径2.2センチを合わせると、
合計で3.05センチになります。

また、50円玉を2枚使った場合は
約2.95センチとなります。

現金をあまり持ち歩かなくなった今でも、
硬貨は災害時に役立つだけでなく、
長さを測る際にも便利です。

レシートを活用した測定法

ほとんどのレジで使用されている
標準的なレシートの横幅は約5.8センチです。

これを縦に半分に折ると、約2.9センチとなり、
ほぼ3センチを測ることができます。

レシートをこのように活用することで、
不要に思えるものが便利な道具に変わります。

小指を使った測定法

一般的に、成人の小指の先端から
第一関節までの長さは約3センチです。

ただし、これには個人差があるため、
あくまで目安としてください。

私自身の場合は2.5センチでした。

500円玉の直径

500円玉が手元にあれば、
約3センチを簡単に測ることができます。

公式には500円玉の直径は
26.5mm(2.65cm)とされています。

これを基に「3センチは500円玉より少し長い」
と覚えておけば便利です。

500円玉一枚で測れるので、非常に手軽です。

ペットボトルの口の直径

市販のペットボトルの口の直径は、
だいたい統一されていて、約2.8cmです。

使い終わったペットボトルがあれば、
おおよそ3センチを知ることができます。

ペットボトルの口は、
料理での抜き型としても使えるので、
サイズがわかっていると便利です。

ペットボトルの蓋を使って測定

ペットボトルの蓋の直径は約3センチで、
これを利用してサイズを測ることができます。

面白いことに、ペットボトルの蓋の容量は
大さじ1杯とほぼ等しいです。

ペットボトルは捨てずに保管しておくと、
様々なシチュエーションで役立ちます。

アウトドアでの活動時に長さを
測りたいときにも使えますが、
ペットボトルのサイズにはばらつきがあるため、
一部の製品ではサイズが異なることが
ありますのでご注意ください。

 

まとめ

周りにある身近なものを使って
3センチを測る知識は、特にメルカリなどでの発送時に
非常に役立ちます。

梱包する際には、このような簡単な方法で
サイズを確認できれば、文房具を探す手間が省けます。

特に、物がなかなか定位置に戻らない家庭では、
これらの測定方法を知っておくと、いざという時に安心です。

タイトルとURLをコピーしました