川崎大師のおみくじ運勢ランキングと 不吉な結果の出る確率

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

神奈川県に位置する川崎大師は、
厄除けの神様として有名で、
新年の参拝で多くの人々が訪れる
人気スポットです。

毎年約300万人が川崎大師を訪れますが、
広い敷地のおかげで混雑感は少なく、
参拝のほかにも屋台で美味しい食事を
楽しむことができます。

参拝後におみくじを引くのは
一般的な習慣であり、川崎大師のおみくじでは
不吉な結果が出やすいと言われています。

多くの人が良い運勢を期待している中、
このような情報は意外かもしれません。

そこで、川崎大師のおみくじの運勢ランキングと
不吉な結果の出る確率について
詳しく見ていきましょう。

川崎大師のおみくじ運勢ランキング

川崎大師で引けるおみくじは一回100円です。

運勢のランキングは次の通りです:
大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 半吉 > 末吉 > 末小吉 >
凶 > 小凶 > 半凶 > 末凶 > 大凶

このランキングは、
良い運勢から悪い運勢へと直感的に
理解しやすいものですが、
「大吉が一番良い、大凶が一番悪い」
と単純に考えるのではなく、
おみくじに記載されている言葉にも
注意を払いましょう。

不吉な結果の出る確率

川崎大師のおみくじには
不吉な結果が多いとされていますが、
その確率はどれくらいでしょうか?

おみくじは99種類あり、大吉は17%、
凶は29%とされています。

凶の比率が高いことに驚くかもしれません。

毎年300万人が訪れるとして、
約87万人が不吉な結果を引くことになります。

この情報を知っていれば、
心構えができるかもしれません。

不吉な結果が多いのは、
江戸時代に制定された三大師御籤帳に基づき、
伝統的な割合を守っているからです。

この文献には、大吉16%、吉35%、凶29%、
その他20%と記載されており、
各寺社での調整が可能とされています。

最近では不吉な結果を減らす傾向にあるものの、
川崎大師では伝統的なおみくじを保持しています。

凶が29%も含まれているため
引く可能性がありますが、その分、
大吉を引いた時の喜びも大きくなるでしょう。

不吉なおみくじを引いたときの対応方法

一般的に「大吉は持ち帰り、不吉なものは
神社やお寺の木に結ぶ」と言われていますが、
実際はおみくじの結果にかかわらず、
それを財布に入れるや自宅に飾るなどしても
大丈夫です。

不吉な結果を木に結びつけることには、
「神様とのつながりを深める」
という意味があります。

さらに、左手などの非利き手で結ぶと、
「困難を克服する」という意味がある
とされています。

昔から不吉は「強さの象徴」と考える人もおり、
「強運を手に入れた」と前向きに
解釈する方法もあります。

もし、おみくじの言葉が
自分の状況に合わないと感じたら、
納得いくまで何度でも引き直しても
問題ありません。

その場合、もう一度心を込めて参拝し、
新たにおみくじを引くことをおすすめします。

川崎大師のおみくじに関する評判

川崎大師のおみくじについての口コミを
調査しました。

ここのおみくじは、
当たる確率が高いと評判です。

おみくじを一年間持ち歩き、
次の年の参拝で前年のものと比較できるのは、
面白い経験になります。

前年のおみくじは、神社やお寺に設置された
古札箱で適切に処理してもらうのがベストです。

川崎大師では特に不吉な結果を引く人が
多いとされており、その体験を共有する人も
少なくありません。

もちろん、不吉な結果に喜ぶ人は
ほとんどいません。

こうして
「川崎大師のおみくじのランキングと
不吉な結果を引く確率」について
ご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました