新年に神社や寺を訪れる回数は? 複数回でも大丈夫?訪問期間について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

 

年が明けて最初に多くの人が行うことといえば、
新年のご挨拶として神社や寺への参拝です。

家族や友人と一緒に、
毎年恒例の場所へ行ったり、
新しい神社や寺を訪れることもあるでしょう。

一般には一度の参拝が常識とされがちですが、
実際には複数回参拝しても問題ありません。

この記事では、新年における参拝の回数、
適切な訪問期間、さらには避けるべきことや
持って行くべきものについて詳しくご紹介します。

参拝の回数について: 「初詣の回数」「2回」でも問題ない?

初詣とは、新年に最初に行う寺院や神社への
参拝を指します。

神社や寺への訪問回数に特に制限はありません。

家族との年始の訪問に加えて、
友人から誘われることもあり、
2回以上参拝する予定の方も心配いりません。

たとえば、元日に異なる二か所の神社を
訪れた場合、二か所目の参拝は
厳密には初詣ではありません。

初詣は基本的に新年に最初に行う
一回だけのもので、それ以外は
通常の参拝とみなされます。

しかし、正月の三が日に
複数の寺院や神社を訪れることは一般的で、
文化的に否定されることはありません。

多くの場所を訪れることで
さまざまな神仏からの恩恵を
受けると考えられています。

ただし、参拝時には適切な作法を守り、
誠心誠意を持って行うことが重要です。

また、お守りやおみくじを
大量に集めることは避けましょう。

参拝先に合わせた願い事でご利益を

複数回参拝する際は、
その神社や寺の特徴やご利益を
事前に調べてから訪れることがおすすめです。

神様や仏様には得意とする分野があり、
願い事をその場所に合わせると、
より多くのご利益が期待できます。

参拝の適切な期間は?

通常、新年の最初の3日間が
参拝に最も一般的な期間とされています。

この時期は多くの人が休みを取るため、
神社や寺は賑わいます。

屋台や参拝者の晴れ着姿など、
新年の雰囲気を楽しむことができますが、
混雑を避けたいなら1月3日の午後以降が狙い目です。

「松の内」期間を利用しましょう

仕事や混雑を避けたい場合、
「松の内」を利用すると良いでしょう。

松の内は新年を祝い、歳神様を迎える期間で、
この時期に参拝するのが好ましいとされています。

ただし、地域によって
松の内の期間が異なるため、
事前に確認が必要です。

初詣で気をつけたいこと

新年の訪れと共に多くの人が
初詣で神社や寺を訪れますが、
思わぬ行動でせっかくの参拝が
台無しになってしまうことも。

たとえば、到着早々におみくじを引いたり、
混雑を避けて食べ歩きだけを楽しんで帰るなど、
本当にそれでいいのかと
疑問を感じることがあります。

ここでは、初詣の際に避けたい行動について
見ていきましょう。

おみくじは参拝後に

お正月の神社は特に混み合いますので、
待ち時間を考慮して効率よく
参拝を終えたい気持ちはわかります。

しかし、神様や仏様へのお参り前に
おみくじを引く行為は避けたほうが良いでしょう。

「初詣の回数」「2回」問わず、
大切なのはまず神様や仏様に願いを伝え、
それからおみくじを引くことです。

おみくじは神様からのメッセージとして、
参拝後に引くことでその意味を
深く受け止めることができます。

先に感謝を、その後に願いを

参拝では、ただちに願い事をするのではなく、
正しい手順を踏むことが重要です。

まずは神様や仏様に感謝の気持ちを表し、
自己紹介をしてから、願い事を伝えましょう。

願いは具体的で一点に絞ることがポイントです。

お寺では願い事を控えめに

お寺での願い事は控えめにした方が
良いとされています。

お寺は修行と精進の場であり、
初詣では自己反省や感謝の心を持って
参拝することが適切です。

具体的な願いがある場合は、
神社での参拝をお勧めします。

参拝後は直帰を

初詣の後は、できるだけ
直接家に帰るようにしましょう。

途中での無関係な寄り道は、
参拝で受けたご利益を
無くしてしまう恐れがあります。

初売りや新年会などの誘惑も
あるかもしれませんが、
願いを叶えるためには、
まずは家に帰ってその福を
家庭に持ち込むことが大切です。

初詣に持って行きたいアイテム選び

初詣用アイテムその1

冬の初詣は寒さが厳しいため、
暖かくして出かけることが大切です。

そんな時におすすめなのが、
性別を問わずに使えるカシミア製のマフラーです。

このマフラーは軽くて保温性も高く、
20種類もの色から選べるため、
自分用はもちろんのこと、
プレゼントにもぴったりです。

ネット上での高評価が、
その品質の良さを物語っています。

初詣用アイテムその2

初詣の際は、
往復の道中や境内での待ち時間により、
長時間外出することが多いです。

そんな時、スマートフォンの
充電が切れてしまうと困りますよね。

携帯用のバッテリーがあれば、
どこでも簡単に充電が可能で、
困った時も安心です。

特に、持ち運びやすい軽量タイプは、
様々な場面で大変役立ちます。

初詣にまつわる疑問を解消

基本的に初詣は新年に一度だけ
特別に行うものですが、
その後の参拝も「初詣」とは言わず、
問題なく行うことができます。

同じ神社に複数回訪れることも一般的であり、
多くの神社を訪れるのも良いとされています。

初詣に特別な規定はなく、
心のこもった参拝が大切です。

正月三が日に行う参拝を特に
「初詣」と呼びますが、
1月中の参拝も全く問題ありません。

 

これまでに初詣に関連する
様々なテーマを紹介してきました。

参拝の適切な期間や「初詣の回数」「2回」に
関する疑問など、初詣について気になる
ポイントをまとめてみました。

忙しい年始でも、これらの情報が皆さんの初詣を
より充実させることに役立つと嬉しいです。

素敵な新年を迎えるために、
意義ある参拝を心がけましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました