キー電池交換:ホンダ、日産、スズキ、トヨタ、三菱車:費用と対応場所について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

キーの反応が悪くなる、または電池交換が
必要というサインが現れた時、交換の
費用やどこでできるのか気になりますよね。

車のキーの電池交換は、自動車ディーラーや
自動車用品店、ガソリンスタンド、
ホームセンターなどで可能です。

交換にかかる費用は場所によって
異なりますが、だいたい500円から1000円が
相場です。

もし自分で交換する場合は、コストを
大幅に抑え、55円程度のボタン電池代のみ
で済ませることもできます。

ホンダ、日産、スズキ、トヨタ、三菱など、
様々なメーカーの車でも、電池交換の
プロセスに大きな違いはありません。

自分で交換するか、専門の場所で依頼するか
は、何を優先するかによって異なります。

この選択について詳しく解説します。

カー用品店における車のキー電池交換サービスについて

カー用品店では、車のキーの電池を交換する
サービスを提供しており、オートバックスや
イエローハットなどの知名度の高い店舗は
特にアクセスがしやすく便利です。

イエローハット

イエローハットでは、電池交換の際に
一律で1000円の作業料がかかります。

さらに電池代も必要になり、電池の種類に
よって価格が変わりますが、イエローハット
で扱っている電池はだいたい300円ほどです。

そのため、電池交換の総費用は約1300円と
なります。

オートバックス

一方、オートバックスでは電池交換の費用が
店舗によって異なり、作業料はだいたい
500円が相場です。

多数のオートバックス店舗では料金が
公式サイトに記載されているため、事前に
情報を確認することが可能です。

ディーラーに比べて安い場合もあれば
高い場合もありますが、手軽さが魅力です。

ガソリンスタンドでの車のキー電池交換

意外に思われるかもしれませんが、
ガソリンスタンドでも車のキーの電池交換を
行うことができます。

料金は店舗によって異なりますが、
一般的には1000円程度です。

ガソリンの給油と同時に電池交換が
できるため、非常に便利です。

ただし、セルフサービスのスタンドが増えて
いる現状では、フルサービスを提供している
スタンドを事前に探しておく必要があります。

ホームセンターでの取り扱い

カインズをはじめとするホームセンターでも、
車のキーの電池交換サービスを行っています。

料金は500円から1000円程度で、
提供しているサービスの内容は店舗に
よって異なるため、来店前に電話で
確認することをお勧めします。

直接ホームセンターに行く場合は、
サービスカウンターで費用を確認して
ください。

電池交換のサービスを提供していない場合
でも、ボタン電池を購入し自分で交換する
という選択も可能です。

オンライン

オンラインでの購入も選択肢に入ります。

今回は、具体的に日産車のキーの
電池交換方法を紹介します。

メーカーによっては少しの違いはありますが、
基本的な流れは同じですので、
一度覚えてしまえば他の車種でも
容易に交換作業を行えます。

ディーラー

例えば、ディーラーと親しい関係があれば、
300円程度で交換してもらえることもあり、
必ずしも高いわけではありません。

他に車に関する気になる点があれば、
電池交換をきっかけにディーラーに相談に
行くのも良いでしょう。

キーが経年劣化であれば、新品に交換して
もらえる可能性もあります。

しかし、ディーラーではさまざまなサービス
を勧められるため、少し敬遠してしまう人も、
他の選択肢を考えるのが良いかもしれません。

車のキーの電池を自分で交換する方法

車のキーの電池交換は、自分でも意外と
簡単にできます。

設定等を改めて行う必要がないため、
輸入車でなければ特に難しい手順は
ありません。

ただし、輸入車は内部が複雑なので、
専門家に依頼することをおすすめします。

国産車の場合、手順はほとんどが同じで、
費用も抑えられるため、自分で交換を
試みる価値はあります。

この作業は性別を問わずに行えます。

【必要な道具】

– 小型マイナスドライバー
– 交換用の電池
– リモコンキー用の精密ドライバー(必要な場合)

キーの溝に合わせて、
適切なサイズのマイナスドライバーや
精密ドライバーを準備します。

大きな溝の場合は、
10円玉を使用することも可能です。

リモコンキーでは、プラス型の
精密ドライバーを使用します。

電池の種類は車のメーカーや
モデルによって異なり、

100円ショップでは2個110円で
手に入れることができます。

その他、電気店やホームセンター、
ディーラー、カー用品店、コンビニエンスストアでも
200円から500円程度で購入可能です。

日産車のキー電池交換手順(例:セレナ、ノート)

使用する電池:CR2025

1. キーの裏側にあるロックを外しながら、
インテリジェントキーから物理キーを取り出します。

2. 物理キーを取り外した箇所に見える小さな溝に、
小型マイナスドライバーを挿入して軽く回します。

3. 溝が開いたら、ドライバーを少し移動させて
もう一度回し、さらに開けます。

4. ドライバーで溝を広げた後、キャップを開きます。

5. 中にある電池をドライバーで軽く持ち上げ、
取り出します。

6. 新しい電池を、文字が見える側を
下にしてセットします。

7. キャップを元の位置に戻し、
しっかり閉じれば交換完了です。

これで電池交換は終了です。

参考になる動画もありますが、特に
専門的な道具を用意する必要はありません。

三菱車のキー電池交換情報

三菱のリモコンキーは他メーカーと異なり、
電池が二重に保護されていますが、
交換手順は大きく変わりません。

具体的な手順は動画で確認できます。

車のキー電池の交換時期と持続性

車のキーの電池は、1〜2年毎の交換が
推奨されています。

電池のブランドによる持続性の違いは
少ないですが、信頼性の高い国産ブランドを
選ぶことでより安心できます。

重要なのは、車のキーを電磁波を発する
電子機器から離して保管することで、
電池の無駄遣いを防ぐことです。

ホンダ車のキー電池交換方法

ホンダのスマートキーは、広い溝を持つため
コインを使って電池を交換する方が作業
しやすくなります。

基本的には日産車のキーと同様の手順で
交換可能ですが、軽自動車のキーの場合、
カバーを開けると部品が散らばりやすいので
注意が必要です。

この問題を避けるためには、事前に
カバーの上部にセロハンテープを貼ると
良いでしょう。

軽自動車のキーが3つに分かれるので、
分解する際は部品の正しい配置を覚えて
おき、再組み立て時に間違えないように
しましょう。

スズキ車のキー電池交換手順

通常の鍵形状のスズキ車リモコンキーでは、
精密ドライバーを使ってカバーを開けます。

この時、ネジを傷めないよう慎重に
作業してください。

リモコンキーから最新のスマートキーまでの
電池交換方法は、特定の動画で詳しく
説明されています。

トヨタ車のキー電池交換のコツ

トヨタのスマートキーは、カバーを開ける
際にドライバーやコインを使う必要がなく、
取り外したメカニカルキーを使用して
簡単に開けられる特徴があります。

電池交換の正しい方法は、動画で紹介
されています。

まとめ

車のキーの電池交換はプロに任せることも
できますが、自分で行えばコスト削減にも
つながります。

作業は意外と簡単なので、自分で挑戦
することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました