2024年1月1日の寒川神社初詣の混雑状況を知る方法は?!アクセス方法、交通規制についても!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

神奈川県寒川町にある寒川神社は、約1600年の歴史を持ち、全国で唯一の八方除の守護神として知られています。

災難や悪事を払い除け、幸運と福をもたらす力があるとされ、初詣には特に人気のスポットです。

この記事では、2024年の初詣時の寒川神社の混雑状況、アクセス方法、駐車場情報、交通規制について詳しくご紹介します。

2024年1月1日の寒川神社初詣の混雑状況を知る方法は?!

初詣ではスムーズな参拝が望ましいですよね。出かける前に、混雑具合をリアルタイムで確認することで、参拝に必要な時間を見積もりやすくなります。ここでは、寒川神社の混雑情報を把握するための4つの方法をご紹介します。

混雑情報の確認方法

1. **Google検索** – 寒川神社の「混雑する時間帯」をチェック。
2. **Yahoo!リアルタイム検索** – 最新のツイートを利用して混雑状況を調べる。
3. **X(旧Twitter)** – 投稿されたツイートで現在の混雑状況を確認。
4. **公式サイト** – ライブカメラの映像で混雑具合を見る。

公式サイトには、寒川神社の外庭(社務所前)と内庭(御本殿前)の様子を映すライブカメラがあり、リアルタイムの情報が得られます。

混雑状況をもっとも正確に把握するなら、公式サイトのライブカメラ映像を確認するのがおすすめです。

2024年寒川神社初詣の混雑状況

初詣の参拝者数

年間約180万人、初詣時には約40万人が訪れる寒川神社は、神奈川県内でも特に人気のあるスポットです。

参拝までの待ち時間

初詣時には参拝者の列が参道まで伸びることが多く、待ち時間は長くなりがちです。三が日の混雑予想は以下の通りです。

– 1月1日: 0時~3時
– 1月2日: 9時~15時
– 1月3日: 9時~15時

特に1月1日の0時には、大太鼓の合図とともに迎春神話ねぶたが点灯され、大勢の参拝者でにぎわいます。12月31日の夜から新年の3時頃までは特に混雑が予想されます。この時間帯は人混みが苦手な方は避けた方が良いでしょう。1月2日と3日の9時から15時も混雑が予想されます。

待ち時間を避けたい方は、早朝や夕方以降の時間帯の参拝をおすすめします。

 

寒川神社への2024年初詣のアクセス方法

寒川神社へのアクセスは、公共交通機関と車の2つの方法があります。

バスでのアクセス

JR相模線「宮山」駅からバスに乗り、「寒川大橋」から2つ目の「寒川神社参道」が最寄り停留所です。バスが混雑しているときは、徒歩で約5分の距離なので歩くのも一つの選択肢です。

ちなみに、1月1日から3日までの間は臨時バスも運行されます。

電車でのアクセス

電車での主なアクセスルートは次の通りです。
– 横浜駅から相鉄線を利用し海老名駅へ、そこからJR相模線で宮山駅へ。
– 小田原駅からJR東海道本線で茅ヶ崎駅へ、その後JR相模線で宮山駅へ。
– 品川駅からJR東海道本線で茅ヶ崎駅へ、その後JR相模線で宮山駅へ。
– 新宿駅から小田急線で海老名駅へ、そこからJR相模線で宮山駅へ。

車でのアクセス

車でのアクセスは、圏央道「寒川北インター」を出て中里交差点を過ぎると約2〜3分で到着します。ただし、寒川神社周辺の道は狭い箇所があり、歩道がないところもあるので、運転には十分注意してください。

寒川神社2024年初詣:駐車場と交通規制の詳細

寒川神社の駐車場情報

寒川神社には、第1駐車場から第4駐車場までの4つの駐車場があり、合わせて約400台を収容できます。これは他の神社と比較して少ない方ですので、初詣の時期以外でも駐車場が満車になることが頻繁にあります。特に注意が必要なのは、12月31日の22時から1月3日の17時までの期間です。この間は第1駐車場から第3駐車場までが交通規制の対象となり、利用ができません。

車で寒川神社を訪れる予定の方は、交通規制を避けるための計画を立てることをお勧めします。

寒川神社初詣時の交通規制について

寒川神社の初詣時には、特別な交通規制が設けられます。公式サイトによると、12月31日の午後10時から1月3日の午後5時まで交通規制が施行され、この期間中は神社の駐車場を利用することができません。1月中の混雑が予測されるため、公共交通機関の利用が推奨されています。さらに、1月1日から3日までは海老名駅から寒川神社までの直通バスも運行される予定です。この期間中は車より公共交通機関を利用する方が賢明です。

寒川神社初詣の概要

寒川神社は年間約180万人、初詣で約40万人が訪れる神奈川県内でも有名な神社です。年明けと共に太鼓の合図で迎春神話ねぶたが点灯し、非常に混雑します。混雑状況は公式サイトでリアルタイムに確認できます。1月3日までの交通規制期間中は、特に電車やバスでの参拝をお勧めします。寒川神社は日本で唯一の八方除の守護神としても知られており、参拝後にはお守りの購入や厄除けの御祈祷も行われています。混雑を避けたい方は、三が日を過ぎた後の訪問が良いでしょう。また、拝殿の右側には渾天儀のレプリカも展示されているので、ぜひご覧ください。

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました