チェッチェッコリ:その起源と背景、そして人気のある玉入れゲーム

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「チェッチェッコリ」の魅力とその起源に
ついて、教育現場で行われている玉入れ
ゲームと共に見ていきましょう。

この単語が持つ背景は一体何なのでしょうか?

チェッチェッコリの起源

「チェッチェッコリ」とは、ガーナで
子どもたちに愛される「チェ・チェ・クレ」
という歌に由来します。

この歌は特定の意味を持たないフレーズ
構成されているとされています。

以前、このトピックに関する質問が
新聞に掲載された際には、ある言語学者が
「『せっせっせーのよいよいよい』と同じ
で、響きが良く親しまれているけれど、
実際には意味を持たない」と説明しています。

チェッチェッコリ玉入れが人気の理由

このゲームでは、「チェッチェッコリ」という
曲のリズムに合わせて踊り、笛が鳴ったら
玉を入れるというシンプルなルールが特徴です。

歌が途切れると、踊りと玉入れのサイクルが
再び始まります。

このゲームは特に、幼稚園や小学校の
低学年で行われる運動会で人気の団体競技に
なっています。

ガールスカウトの国際大会で紹介されたこと
がきっかけで世界中に広まり、その後日本
にも伝わり、様々な場面で楽しまれる
ようになりました。

結論

「チェッチェッコリ」は、ガーナの
民謡「KYE KYE KULE」が起源であると
言われています。

意味のない歌詞であっても、そのリズムと
メロディーは長年にわたって子どもたちを
魅了し続けてきました。

日本では、ガールスカウトの国際大会を
通じてこの曲が紹介され、独自の文化として
受け入れられています。

振り付けはシンプルでありながら、
テンポを上げていくにつれて楽しさが増す
という特徴があります。

タイトルとURLをコピーしました