Googleでセーフサーチのぼかしを解除する方法はある?とその背景

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

Google

最近、Googleでセーフサーチが自動で有効になり、
画像がぼかされることがあります。

これを解除する方法はあるのでしょうか?

また、この機能をどうにかして
回避する方法は存在するのでしょうか?

セーフサーチのぼかし解除方法

セーフサーチは、GoogleやBingといった
検索エンジンが提供する、
不適切な画像をぼかすフィルタリング機能です。

セーフサーチのぼかしを解除するには、
セーフサーチ設定ページにて

– フィルタ
– ぼかし
– オフ

の中から「オフ」を選ぶだけです。

ぼかし機能が解除できない時の対応策

Googleアカウントを持っていれば、
セーフサーチの設定を
自分で変えることが可能です。

親がファミリーリンクアプリを使っている場合

ただし、親がファミリーリンクアプリを使って
アカウント管理をしている場合は、
設定変更の権限は親にのみあります。

18歳未満のユーザー

また、18歳未満のユーザーや
Google Workspace for Educationアカウントを
使っている生徒は、設定変更が管理者に限られます。

デバイスやネットワークの管理者は、
「フィルタ」設定を使って
セーフサーチを制限することもできます。

まとめ

Google検索には不適切な内容をふるい分ける
セーフサーチ機能が装備されています。

この機能がオフになっていると、
時には無関係なキーワードでも不適切な画像が
検索結果に現れることがあります。

そこで、Googleはセーフサーチが
オフに設定されているユーザー向けに、
不適切な画像に自動的にぼかしを加える
新しい機能を導入することを計画しています。

この機能はセーフサーチがオフの時に標準で作動し、
ユーザーはいつでもオン・オフを
切り替えることができるようになります。

ぼかしがかかった画像をはっきりさせたい場合は、
「View Image」ボタンを押すことで
ぼかしを取り除くことができます。

この仕組みにより、ユーザーは不快な画像との
不意な遭遇を避けつつ、必要に応じて
内容を閲覧することが可能になります。

セーフサーチの設定は、
Googleアカウントの所有者や保護者、
教育関係者、デバイスまたは
ネットワークの管理者のみが変更できます。

アカウントの所有者は、
自分のGoogleアカウント設定から
セーフサーチを調整できます。

保護者はファミリーリンクアプリを使って、
自分の子供のセーフサーチ設定を
管理することができます。

教育関係者は、
Google Workspace for Educationアカウントを持つ
18歳未満の生徒や学生のセーフサーチ設定を
変えることができます。

また、デバイスやネットワークの管理者は
「フィルタ」設定を利用して
セーフサーチを厳格に管理することが可能です。

タイトルとURLをコピーしました