LINEでの位置情報の共有(送る)方法:表示されない、共有できない時の解決策

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

LINE

LINEを使っていて位置情報が表示されない
問題に困っていませんか?

赤い旗のマークや住所が表示されず、
地名やGoogleマップのリンクだけが
出てくる場合、どうすればいいでしょう?

LINEで位置情報を設定する方法

スマートフォンでLINEを利用して
位置情報を共有するには、
トーク画面でプラスマークをタップし、
「位置情報」を選択、地図上で共有したい場所を
選んで「送信」ボタンを押す流れになります。

これにより、あなたの現在地や目的地を
相手に伝えることができます。

位置情報の共有は便利な機能ですが、
自分の正確な場所を伝える時は、
プライバシーを守るためにも注意が必要です。

スマホのGPS機能を常にオンにしていると、
正確な位置情報が相手に伝わってしまうため、
信頼できる相手にのみ
位置情報を共有するようにしましょう。

また、共有する前に地図上で位置を調整したり、
検索機能を使って別の場所を指定したりすることで、
自分のプライバシーを守ることができます。

LINEでの位置情報の共有方法

LINEで位置情報を共有したいのに、
プラスマークを押しても
何も表示されないことがあります。

位置情報が表示されないために共有できない時は、
まず「設定」メニューに進み、
「プライバシー設定」→「位置情報サービス」
へと進み、位置情報のオン・オフを
切り替えてみてください。

それでも改善されない場合は、
LINEアプリを最新版にアップデートすることを
お試しください。

アップデートしても位置情報が表示されない時は、
一時的なシステムの不具合の可能性があります。

その他の対処法

アプリがうまく動かない時の一般的な解決法には、
以下のようなものがあります:

これらを試してもダメな場合は、
アプリの開発者に問い合わせるか、
スマホ修理のプロに
相談してみることをお勧めします。

アプリを最新に更新

使っているアプリが古いと
問題が起こることがあるので、
Google PlayストアやApp Storeから
最新版へ更新しましょう。

これで問題が解決することがあります。

OSをアップデートする

スマホのOSが古いと
問題が生じることがありますので、
設定メニューから最新のOSへ
アップデートすると良いでしょう。

アプリを再インストール

問題が続くなら、アプリを一旦アンインストール
してからもう一度インストールし直すと
改善されることがあります。

アンインストールは、
設定からアプリ管理でできます。

アプリの設定をリセット

アプリの設定をリセットすると
問題が直ることがありますが、
これを行うとアプリのデータやログイン情報が
消えてしまうことがあるので注意しましょう。

リセットは、アプリ情報から「ストレージ」や
「キャッシュ」を選び、「データをクリア」や
「設定をリセット」で実施できます。

アプリを再起動しよう

アプリがうまく動かないときは、
まずアプリを再起動してみましょう。

これだけで、多くの一時的な問題が
解決することがあります。

スマホの電源を入れ直す

アプリの再起動だけでは
問題が解決しない場合は、
スマホを一度再起動してみるのが良いでしょう。

これにより、システムメモリがクリアされ、
一時的なエラーが直る可能性が高まります。

キャッシュを消去する

アプリのキャッシュを消去することで、
アプリが軽快に動作するようになったり、
トラブルが解決することがあります。

この作業は、スマホの設定メニューから
アプリ情報へ進んで、「ストレージ」や
「キャッシュ」を選択して行えます。

まとめ

 

LINEを使って位置情報を共有しようとした時、

設定メニューから「プライバシー」と進み、
「位置情報サービス」でLINEへのアクセスを
オンにしても、アプリが表示されないことが
ありますね。

そんな時は、スマホやLINEアプリを
再起動すると問題が解決することがよくあります。

位置情報がオフになっていても、
LINEのメッセージのやり取りには影響しませんよ。

もし位置情報サービスを完全に切ってしまうと、
iPhoneであれ他のアプリであれ、
位置情報の取得は一切できなくなり、
追跡されることもありません。

ただ、スマホのGPSを使わないと、
LINEで共有する位置情報は正確ではなくなります。

 

タイトルとURLをコピーしました