iPhoneで「証明書 信頼されていません」 と表示された時の対処法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

iPhone

iPhoneを使っていると、
「証明書 信頼されていません」
というメッセージに遭遇することがありますが、
これは一体何を意味しているのでしょうか?

このメッセージが表示された時には
どう対応すれば良いのでしょうか?

また、どのように証明書の信頼設定を
行えば良いのでしょうか?

iPhoneで証明書が信頼されない問題とその設定方法

iPhoneやiPadでiOSやiPadOSに証明書を含む
プロファイルを手動でインストールした場合、
その証明書がSSL証明書として
自動的に信頼されない場合があります。

メールやWebサイトからダウンロードした
プロファイルをインストールする際に、
それをSSL/TLS証明書として
正しく機能させるためには、
手動で信頼設定を有効にする必要があります。

信頼設定を行うには、
「設定」→「一般」→「情報」→「証明書信頼設定」
と進み、「ルート証明書を完全に信頼する」
を選択することで、
証明書に対する信頼を有効にできます。

Appleは、証明書の配布にApple Configuratorや
モバイルデバイス管理(MDM)の利用を
推奨しています。

これらの方法でインストールされた
証明書ペイロードは、SSL通信において
自動的に信頼されるようになります。

「証明書 信頼されていません」警告への対応

手動でルート証明書をiPhoneやiPadに
インストールした場合、
「証明書“証明書の名前”をインストールすると、
デバイスの信頼できる証明書リストに
追加されるまで、この証明書はWebサイト用に
信頼されません」という警告が出ることがあります。

この場合、「設定」→「一般」→「情報」→
「証明書信頼設定」を選択し、
証明書が信頼されるように設定することができます。

「証明書 信頼されていません」とは、
SSL(Secure Sockets Layer)関連の
ルート証明書のことを指します。

SSL通信に必要なアプリケーションでは、
このルート証明書を信頼することが求められます。

SSL通信は、インターネット上での
データのやり取りを暗号化し、
安全に行うための手段です。

通常、ウェブサイトへのアクセスは
HTTPプロトコルを使用して行われますが、
SSL通信を用いることで通信内容を暗号化し、
第三者による盗聴や改ざんを
防ぐことが可能になります。

SSL通信は公開鍵暗号方式を採用しており、
暗号化された通信内容を安全に復号できます。

SSL証明書を通じて、
ウェブサイトの正当性を確認することができます。

最近ではSSL通信がTLS(Transport Layer Security)
としても知られていますが、
その基本的な仕組みや目的は変わりません。

ウェブサイトを運営する場合、
SSL証明書を取得し、SSL通信を導入することで、
サイトの安全性を高めることが推奨されています。

タイトルとURLをコピーしました