美容室でのヘアカラーの伝え方:理想の色を叶えるための注文のコツ

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

美容室で理想のヘアカラーを伝えるのは、
予想外に難しいことがあります。

私も過去に何度も髪を染めてきましたが、
自分が思い描いていた色に完璧になることは稀です。

 

今回は、美容室で理想のヘアカラーを
希望通りに注文するコツをお伝えします。

この記事を読んで、理想の髪色に
一歩でも近づけるようにしましょう♪

美容室で理想のヘアカラーを叶えるためのコツ

美容室でどのようにして自分の望む
ヘアカラーを正確に伝えればいいか、
いくつかのポイントをご紹介します!

参考画像を見せること

多くの人は、希望するヘアカラーの
イメージ画像をスタイリストに見せています。

色を言葉で伝えるのが苦手な人や、
自分の要望を直接伝えることに
抵抗がある人にとって、これが最も簡単な方法です。

インスタグラムで「ヘアカラー」と検索すると、
さまざまな参考になる画像が見つかります。

憧れの有名人の髪色の写真を持参するのも良いでしょう。

簡潔に伝える

詳細な説明をする必要はありません。
「明るさ」「色味」といった基本的な情報だけで充分です。

「明るさを8にして、寒色系がいいです」
とシンプルに伝えると、スタイリストが
適切な提案をしてくれます。

あまり細かいことを心配せず、
大まかな希望を伝えてみましょう。

髪色の明るさレベル

髪の明るさは1から20のスケールで分けられており、
学校や職場の規則で特定のレベルまでの色が
定められていることもあります。

1~4は基本的に黒、5~7はダークブラウン、
8~10でライトブラウンに分類され、
11以上はより明るいトーンになります。

自分がどれほどの明るさを求めているのかを知ることは、
ヘアカラー選びにおいて役立ちます。

ヘアカラーの色味の違い

ヘアカラーは、大きく分けて
暖色系と寒色系の色味があります。

最近では寒色系のヘアカラーが特に人気で、
透明感があってくすんだような
外国人風の色がこれにあたります。

一方で、暖色系は赤みがかった色を示します。

日本人の髪は暖色系に染まりやすい傾向にあるため、
寒色系を目指す場合は、まずブリーチで
赤みを取り除く必要があります。

色味に関する知識は、
自分の望むヘアカラーを選ぶ際に大切です。

家染めと美容室での染め方の違い

市販のヘアカラー剤が手軽に手に入る今日ですが、
自宅で染めることと美容室で
専門家に染めてもらうことの間には大きな差があります。

自宅での染め方はコストパフォーマンスと
手軽さで魅力的ですが、市販のカラー剤は
髪へのダメージが大きくなりがちです。

一方で、美容室で使われるカラー剤は、
髪を保護する成分が豊富に含まれています。

この点を踏まえると、自宅で染めることについて
再考するかもしれません。

おわりに

ヘアカラーを新しくしたり、
長い間変えていなかったりする時に、
どのように美容室で注文すれば希望通りになるのか、
不安に思うことがあるかもしれません。

まず、ヘアカラーの基本知識を把握し、
そして、美容室でのオーダー時のポイントをしっかりと
理解しておきましょう。

参考画像を使用することと、
希望の「明るさ」「色味」を伝えることが重要です。

これらのポイントを押さえて、
あなたの望む理想のヘアカラーを手に入れてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました