バレンタインの正しいスペルは?英語表記と心に響くメッセージの例

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

バレンタイン

2月14日は世界中が
バレンタインデーでいっぱいになります。

愛する人や友達、職場の人たちに
甘いプレゼントを贈る時、
英語で添える一言が特別な
意味を持つことがありますよね。

でも、ふと「ヴァレンタインって英語でどう書くんだろう?」
と思ったことはありませんか?

正しい英語表記は”St. Valentine’s Day”ですが、
この”St.”は一体何を意味するのでしょうか?

今回はヴァレンタインの正しい英語表記とその背景、
そして心を動かすメッセージを紹介します。

ヴァレンタインのスペルって?

2月14日はバレンタインデーです。

この日は世界中で愛と友情が祝われます。

日本では特に、女性から男性への
チョコレートの贈り物が一般的ですが、その形は様々です。

「義理チョコ」や「友チョコ」、
「意味深チョコ」といったバリエーションがあり、
近年では男性から女性へのプレゼントや
チョコレート以外のギフトもよく選ばれます。

バレンタインデーを正しく英語で書くと
“St. Valentine’s Day”になります。

「St.」は「セント」の略で、聖を意味します。

この表現が使われる理由は、
バレンタインデーの起源が
3世紀のローマにまで遡るからです。

当時は兵士の結婚が禁じられていましたが、
その命令に反対して秘密に結婚式を挙げていた
キリスト教の司祭バレンティヌスが、
269年2月14日に処刑されたことが始まりです。

その後バレンティヌスは
聖バレンタインとして敬われるようになり、
14世紀頃からこの日は恋人たちが
愛を誓い合う日となりました。

だから、この日は「聖バレンタインを祝う日」として
“St. Valentine’s Day”と表記されます。

最近では”St.”を省略して”Valentine’s Day”と
表記されることもありますが、
公式には”St.”を付けるのが正しいとされています。

ヴァレンタインに添える英語メッセージのアイデア集

片思いの人へのメッセージ

– I send my special love to you.
(特別な愛をあなたに送ります)

– I’ve got a crush on you.
(あなたに夢中です)

– Be my Valentine.
(私のヴァレンタインになってください)

– With all my love.
(全ての愛を込めて)

義理チョコ・友チョコへのメッセージ

 

– Wishing you happy Valentine’s Day!
(楽しいバレンタインを過ごしてね)

– Thank you for everything.
(いつもありがとう)

– Happy Valentine’s Day!
(素敵なバレンタインを!)

恋人へのメッセージ

– You mean the world to me.
(あなたは私にとって全て)

– Happy Valentine’s Day with lots of love.
(愛情いっぱいのバレンタインデーを)

– I love you from the bottom of my heart.
(心の底から愛しています)

– For my Valentine.
(私の愛する人へ)

– You’re my Valentine.
(あなたは私のヴァレンタイン)

まとめ

今回は、ヴァレンタインの正しい英語スペルと
その背景についてご紹介しました。

“St. Valentine’s Day”は、
3世紀ローマ時代に兵士たちの結婚を
支援したキリスト教司祭バレンティヌス(St. Valentine)
を記念して名付けられました。

ヴァレンタインのギフトに、
このスペルを用いた“St. Valentine’s Day”と、
心を込めたおしゃれな英語メッセージを添えて贈りましょう。

タイトルとURLをコピーしました