5月の宝石はエメラルドだけじゃない!その意味と言葉の深い世界

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

誕生日

5月の宝石といえば、多くの人が
その美しい緑色で知られる
エメラルドを思い浮かべるでしょう。

ですが、実は5月にちなんだ宝石は
エメラルド以外にもあるんです。

特に日本では、エメラルドと並び
ヒスイも5月の代表的な宝石とされています。

こうなると気になるのが、宝石を選ぶ時、
どちらを選ぶべきかということ。

この記事では、エメラルドとヒスイの両方を、
見た目の魅力、その意味、石言葉を通じて比較してみます。

また、5月に関連する星座石や
誕生日石についても紹介するので、
ぜひ参考にしてみてください。

5月を象徴する宝石:エメラルドとヒスイ

エメラルドは5月の代表的な
宝石として広く知られていますが、
日本ではヒスイもまた5月の宝石として選ばれています。

つまり、5月にはエメラルドと
ヒスイの2つの宝石があります。

宝石を選ぶ際は、その外見の美しさだけでなく、
身につけることでどんな良い影響があるかなど、
さまざまな面から選ぶのがおすすめです。

これから、エメラルドとヒスイの特徴や違いを、
見た目や意味、石言葉に注目しながら詳しく見ていきましょう。

ヒスイ:5月の誕生石のもう一つの選択

ヒスイの石言葉には、以下のようなものがあります。

– 長寿- 知恵- 繁栄- 安定

ヒスイ、またはジェイドとして
知られるこの宝石は、

「東洋の宝石」とも呼ばれ、
特にアジア地域で長い歴史を持ちます。

日本では、最も古い宝石の一つとされ、
糸魚川などで産出されることから、
日本文化と深いつながりがあります。

これが理由で、ヒスイは
誕生石の一つとして加えられました。

一般にヒスイと言えば緑色を
思い浮かべるかもしれませんが、
実際には赤、白、紫など多様な色があります。

 

これらは、特に事業の成功を望む時や、
災難から身を守りたい時に効果があると昔から信じられています。

ちなみに、2021年12月に日本で新たに
10個の誕生石が追加されましたが、
5月の誕生石に変更はありませんでした。

5月と関連する星座石

特にヨーロッパでは星座石が人気で、
その選定は占星術の原理に基づいています。

各星座の特徴や守護星の色に合わせた
宝石が選ばれているのです。

5月は牡牛座と双子座が含まれますが、
双子座に割り当てられた星座石には、以下のものがあります。

– アゲート
– シトリン
– アクアマリン

牡牛座には、以下の星座石が
割り当てられています。

– コーラル
– ローズクォーツ
– マラカイト
– エメラルド
– トパーズ

緑色以外にも様々な色の宝石がありますので、
自分の星座や誕生日に合わせて、
ぴったりの宝石を選んでみてください。

5月に贈られる多彩な誕生石

次に、誕生日ごとに特定された
ユニークな宝石に目を向けましょう。

興味深いことに、1年365日、
毎日異なる宝石が割り振られています。

5月に割り当てられた宝石の一覧を見てみましょう。

– 5月1日はアマゾナイト
– 5月2日はイエローベリル原石
– 5月3日はグリーンジルコン
– …(以下、日付ごとに割り当てられた宝石を列挙)…
– 5月31日はスモーキークォーツ

5月を通して、これだけ多様な
宝石が存在することをご存じでしたか?

エメラルドやヒスイ以外にも、
さまざまな魅力を持つ宝石があります。

あなたがまだ聞いたことのない
宝石に出会うかもしれません。

宝石の世界は奥が深く、
探求する楽しみがいっぱいです。

理想の誕生石を見つける喜びを味わってください!

5月の宝石とその背景

宝石にはそれぞれの月を
象徴する誕生石があります。

これらの誕生石は古来より、
身につけることで幸運を引き寄せると信じられ、
世界中で愛されてきました。

誕生石のアイデアは今では
1912年にアメリカの宝石商団体によって
確立されたものが基本ですが、

国によって独自の宝石を加えることで、
各国固有の誕生石が生まれています。

まとめ

本記事では、5月の誕生石に
スポットライトを当ててみました。

5月と言えば、一般にエメラルドが
代表的な宝石として知られていますが、

日本では特に古くからヒスイが愛され、
誕生石の一つとしても挙げられています。

これら緑色の宝石はそれぞれに独自の魅力を持ち、
たとえばエメラルドは愛や癒しを、
ヒスイは繁栄や安定を象徴しています。

誕生石以外にも星座石や
誕生日石といった選択肢があるので、
あなたの好みに合った宝石を
探してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました