マイナンバーカード申請時の写真不備について:基本情報と提出期限

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

スマートフォンを使ってマイナンバーカード
を申請することができます。

提出した写真が原因で申請が受け付けられ
なかった場合でも、写真を撮り直して
提出しても、最初の申請日は保持される
のでしょうか?

また、スマートフォンで撮影する際、
「無背景」が必要とされていますが、
どの程度の背景であれば問題ないので
しょうか?

たとえば、タオルのシワがあっても
大丈夫でしょうか。

マイナンバーカードの写真不備とその申請日について

スマートフォンで申請するとき、
もし写真に問題があっても、最初に
申請した日は変わらないと公式には
述べられています。

たとえば、2月28日に初めて申請した
場合、その申請はマイナポイントの
対象になることがあります。

参照先:[公式マイナンバーカードサイト](https://www.kojinbango-card.go.jp/apprec/)

Q. 2023年2月末のマイナンバーカード申請締切に関して、マイナポイントの対象となる手続きは具体的にどういったものですか?
A. 2023年2月28日までに以下のいずれかの手続きを完了していれば、マイナポイントの対象となります。

– スマートフォン、パソコン、証明写真ブースなどからのオンライン申請:申請を送信した日
– 郵便での申請:申請書を郵便に出した日
– 自治体の窓口で直接申請:申請書を窓口に提出した日

マイナンバーカード用写真の撮影ガイド:正しい背景の選び方

マイナンバーカードの写真を撮る際には、
背景が無地であることが必須です。

このため、マイナンバーカードの写真に
おいては、以下のような条件を満たして
いる背景が求められます。

これに反する写真は、マイナンバーカードの
規定に適合しないとみなされます。

– 無地ではない背景
– 影が映り込んでいる背景
– 柄や模様が入った背景

「顔写真のガイドライン」については、
公式サイトで詳細を確認できます。

写真は、マイナンバーカード発行時の
初期チェックで不適切とされることがあり、
その場合は再提出が求められます。

審査には基準があり、特に顔の輪郭が
明確である必要があります。

10年間使用する大切な写真なので、品質の
高いものを用意することをお勧めします。

顔認証のためには、過度な化粧やスマート
フォンで加工した写真は避けるべきです。

そうした写真では、受け取り時に本人確認が
できない可能性があります。

また、自撮り写真が左右反転していると
不適切な場合もあるため、撮影には
注意が必要です。

自撮りをする場合でも、ただ撮影するのでは
なく、「証明写真」用のアプリを使用して
背景を調整すると、写真館で撮ったような
無地の背景に仕上がります。

マイナンバーカードの写真サイズに
合わせて撮影し、適切な顔の位置と背景を
確保できれば、その写真をデジタルデータ
としてスマートフォンに保存し、郵送や
オンラインでの申請に利用することが
できます。

タイトルとURLをコピーしました