降水確率60%とは?傘は持つべき?ディズニーランドやUSJはどうなる?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

テーマパーク

降水確率60%が示すものは一体
何でしょうか。

この数値を見て、実際に雨が降りそう
なのかどうか疑問に思います。

時々雨が降りそうな曇り空の下、
降水確率が60%とされている日には、
ディズニーランドやユニバーサル・
スタジオジャパン(USJ)、または
キャンプなどのアウトドア活動をどう
考えればいいのでしょうか?

降水確率60%ってどういうこと?

降水確率60%とは、予報される地域全体で
見た場合に、「予報された期間内に1mm
以上の雨が60回に1回降る」という意味合いです。

つまり、同じ気象条件の下で100回
予測を行った際、60回は1mm以上の
雨が降ると考えられます。

これは、かなり高い確率です。

ただし、降水確率が0%でも雨が降る
可能性を完全に否定できるわけでは
ありません。

降水確率は雨の量に関してのみであり、
雨の強さについて直接伝えるものでは
ない点に注意が必要です。

降水確率60%では傘を持つべき?

降水確率は気象庁によって定められた
基準に基づいて計算されます。

この確率が60%ということは、特定の
場所で一定の時間内に1mm以上の
雨が降る確率が60%であるという
意味です。

つまり、降水確率とは、一定期間に
特定の地域で1mm以上の雨または雪が
降る可能性を示しており、降る量や
その強さを直接的に示すわけでは
ありません。
降水量を確認する方が良いです。

日本気象協会の提供する天気予報では、
予想される降水量が示されているため、
より具体的な情報を得るにはこれを
参照すると良いでしょう。

雨が予測されているものの、降水確率が
60%の場合は、必ずしも外出を控える
必要はありませんが、念のため傘を
持って出かけることをお勧めします。

しかし、「曇り時々雨」の予報でも、
風が強いか、激しい雨が降りそうな場合は、
外出を避けた方が賢明かもしれません。

降水確率60%でもテーマパークは楽しめる?

テーマパークの雨の日は、忘れられない
思い出になることもあります。

雨が理由で楽しむのを諦める必要は
ありません。

実際、雨にちなんだ特別なショーや
キャラクターが登場することもあるので、
雨の日ならではの体験ができるかも
しれません。

ディズニーランドやユニバーサル・
スタジオジャパン(USJ)のような場所
では、通常予定されているパレードが
中止されることが多いですが、それに
変わる楽しいイベントが用意されて
います。

雨が予想される日には、ディズニーの
ワールドバザールやマーメイドラグーン
のような屋根のある場所が混雑することが
予想されます。

雨の日にテーマパークを訪れる際は、
暖かくして、足元は特に濡れないように
気をつけましょう。

濡れた靴から足を守るために、替えの
靴下を持っていくと良いです。

 

タイトルとURLをコピーしました