天気予報で「みぞれ」は積雪する?ノーマルタイヤで運転は可能?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

天気
スポンサーリンク

みぞれが降った時、果たして雪は
積もるのでしょうか?

もし天気予報でみぞれが予想されて
いたら、積雪を見込むべきなのか、
疑問に思いますよね。

また、みぞれや雪の降る中で普通の
タイヤで車を運転することは安全なのか、
スリップする危険はあるのでしょうか?

ノーマルタイヤでの運転方法

みぞれは雨と雪が混ざるため、通常は
直接積もることは少ないです(雪の
割合がずっと高い場合を除きます)。

道路が凍結していなければ、
ノーマルタイヤでの運転も可能です。

みぞれが道路を少し濡らす程度なら、
スリップの心配は少なくなりますが、
いつもより速度を落とすことが推奨
されます。

交通量が多い道路を運転する際は、
前の車を追いかける形で走れば、比較的
安全です。

ただし、スタッドレスタイヤは雪道や
凍結した路面で優れた性能を発揮
しますが、濡れた路面では滑りやすい
ので注意が必要です。

そのため、路面が濡れている場合は
ノーマルタイヤの方が安全かもしれません。

みぞれがもたらす積雪について

みぞれは雨と雪が混じり合って降る
特殊な現象です。

そのため、どのように降るかは天候や
気温によって変わります。

もし地面の温度が比較的暖かければ、
みぞれはすぐに溶けてしまいます。

特に、0℃から5℃の範囲では、みぞれ
だけでは雪は積もりにくいです。

しかし、みぞれの後に本格的な雪が
降り始めることもあり、そうなると
気温が下がり、積雪につながることも
あります。

総括

みぞれは雨と雪が混じる現象で、
そのために特有の「半融け」状態に
なります。

積雪の状況は様々ですが、地面が冷えて
いなければ、みぞれによる積雪は少ない
でしょう。

しかし、シャーベット状の雪が積もると、
排水性が悪くなり、ハイドロプレーニングの
リスクが高まります。

特に、夜間や早朝、橋の上などは凍結
しやすいため注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました