喪中はがきを送るベストな時期と対象者、 親族への必要性について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

家族に不幸があった際に必要となる
喪中はがきですが、この件に関するマナーは
あまり知られていません。

いつ、誰に送るべきか、そして親戚への送付が
必要かどうかを考えてみましょう。

喪中はがきの理想的な送付時期

喪中はがきは11月初旬から12月中旬の間に
送るのが適切とされます。

これは11月までに
不幸があった場合のみに該当します。

喪中はがきの意義とその役割を
理解することが重要です。

これは、過去1年以内に身近な家族を
亡くした際に出すもので、
新年の挨拶や年賀状の送付を控える
意思を伝えるために使われます。

喪中はがきはいつ送るのが最適なのでしょうか?

年賀状の準備時期を考え、
それが始まる前に相手に伝えるべきです。

年賀状の準備が始まる前に

– 年賀状販売開始日:11月1日
通常、年賀状は11月1日から販売されます。
そのため、喪中はがきは11月初旬には
相手に届くように送るのが理想的です。

– 年賀状受付開始日:12月15日
郵便局では12月15日から
年賀状の受付を開始するため、
最も遅くとも12月中旬には
届くようにするのが望ましいです。

この2つの時期を基にすると、
喪中はがきは11月初旬から12月中旬の間に
送るのが適切とされます。

ただし、これは11月までに
不幸があった場合のみに該当します。

もし12月に不幸があった場合は
どうすればよいのでしょうか?

喪中はがきの準備が間に合わない時は、
受け取った年賀状に
返事として送る方法もあります。

また、1月7日の松の内を過ぎてから
寒中見舞いとして送る方法も良いでしょう。

喪中はがきの対象と親族への送り方

喪中はがきを誰に送るかを決める際、
考慮すべき範囲を理解することが大切です。

一般的に、喪中はがきは
以下のような方々へ送ることが多いです。

– 故人と年賀状を交換していた人たち
– 葬儀に参加してくれた人たち
– 年賀状を交換している人たち
– その年特に親しくしていた人たち

これには、プライベートで交流のある友人や、
職場での同僚、上司、教師、仲人などが含まれます。

故人と親しかった人も対象に入れるべきです。

喪中はがきは親族にも必要か?

喪中はがきを親族に送る必要性については、
喪中はがきの意義をしっかりと
理解することが重要です。

喪中はがきは故人の訃報を告げ、
新年の挨拶や年賀状の送付を
控えるよう求める文書です。

基本的には年賀状を控える旨を伝える
挨拶状とみなされます。

従って、通常は送ることが適切とされています。

しかし、家族間ではすでに
状況が共有されていることが多いので、
喪中はがきを送ることが
不適切と考えられる場合もあります。

送るかどうかは、
地域や家庭の慣習によっても異なります。

もし不確かな場合は、相談したり状況に応じて
臨機応変に対応することが大切です。

特に、訃報をまだ伝えていない遠い親戚や
疎遠な関係の親族には、喪中はがきを送ることが
適切であると考えられます。

まとめ

喪中はがきの送付時期、対象者、
親族への送付について述べました。

喪中はがきが基本的に年賀の欠礼を
知らせるためのものであることを
理解することが肝心です。

この点を踏まえれば、相手が年賀状を
準備し始める前に送るのが望ましいと言えます。

また、年賀状のやり取りがある人には
必ず送った方が良いでしょう。

親族に対しては、
過度に心配する必要はありません。

何か不明点や不安があれば
相談するくらいの気持ちでいると良いです。

タイトルとURLをコピーしました