喪中はがきの宛名書き:薄墨は適切? 宛名シールは使わない方がいい?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

喪中はがきを用意する時、
宛名を薄墨で書くべきかどうかが
気になるものです。

弔事で薄墨を使うのが一般的と聞きますが、
実際にはどうすればよいのか
迷うこともあります。

喪中はがきの宛名には、手書き、印刷、
シールなど様々な方法があり、
どれが最も適切で礼儀にかなっているのかを
考える必要があります。

そこで、宛名に薄墨を使うべきか、
手書きがより心がこもっているのか、
また宛名シールの使用は適さないのかを
検討しました。

喪中はがきの宛名に薄墨は適切か?

宛名を薄墨で書くべきかどうかは、
多くの人が迷うポイントです。

特に、ハガキの表面の宛名の色を
どうするかが問題になります。

なぜ薄墨を使うのか?

薄墨は悲しみや哀悼の意を表現するため
用いられます。

弔事では、悲しみで墨が薄くなった様子を
象徴として、薄墨が用いられることが多いです。

宛名は薄墨で書いても大丈夫?

宛名は薄墨でも黒でも問題ありません。

ただし、配送において誤配を防ぐためには、
黒の方がはっきりと読みやすいです。

薄墨は少し読みにくいかもしれませんが、
現代の郵便局の機器は薄墨でも
十分認識できる性能を持っています。

それでも、薄墨の濃さには幅があるので、
認識可能な範囲がどこまでかは
定かではありません。

そのため、少なくとも郵便番号くらいは
黒で書く方が安全でしょう。

差出人の名前は何色で書くべき?

宛名と同様に、
差出人の名前の色にも注意が必要です。

通常、ハガキの裏面の最後に書かれるため、
本文と同じ薄墨を使うと
統一感が出てよいでしょう。

喪中はがきで宛名シールは不適切?

宛名シールは主に
企業のダイレクトメールで使われるもので、
個人的なやり取りや喪中はがきには
適していないとされます。

便利ではありますが、
喪中はがきで宛名シールを使うのは
適切でないと考えられています。

多くのはがきを扱う場合でも、
可能なら直接はがきに
宛名を印刷する方が望ましいです。

喪中はがきの宛名は手書きが良いのか?

喪中はがきを作成する際、
表の宛名をどのように書くかは
大切なポイントです。

印刷された宛名に比べて、
手書きはより心を込めた印象を
与えると考えられています。

宛名を印刷することは問題ない?

宛名を印刷することが
必ずしも不適切とは限りません。

手紙やはがきを印刷するのは一般的で、
美しい仕上がりが求められることも多いです。

印刷された宛名は読みやすく、
見た目も悪くありません。

そのため、喪中はがきの宛名に
印刷を用いることに問題はありません。

手書き宛名のメリットは?

手書きの宛名は、
印刷よりも丁寧で心のこもった印象を
与えることがよくあります。

現代では印刷が主流ですが、
手書きが不適切というわけではありません。

ただし、多くのはがきを用意する場合は、
時間と労力を考えると
印刷が選ばれることがあります。

それでも、手書きのはがきは
受け取る人に特別な感情を伝えられます。

宛名の書き方は?

宛名は通常、縦書きで記載されますが、
必ずしもそうである必要はありません。

ただし、挨拶文が縦書きなら、宛名も縦書きで
統一感を持たせるのが一般的です。

どんな筆記用具を使うべき?

宛名を書く際の筆記用具に
特定のルールはありませんが、
ボールペンよりは万年筆や筆ペンが適しています。

ボールペンはカジュアルに見えるため、
より正式な筆記用具を使うことが推奨されます。

 

結論

喪中はがきの宛名書きについて考察しました。

宛名を黒で書くこと自体に問題はありませんが、
手書きはより丁寧な印象を与えます。

印刷された宛名も普及していますが、
宛名シールは避けた方がよいとされています。

タイトルとURLをコピーしました