箱根駅伝はなぜ関東の大学に限られる? 関西の学校は参加しないのはなぜ?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

箱根駅伝
(正式には東京箱根間往復大学駅伝競走)は、
オリンピック選手であった
金栗四三が創設したイベントです。

この大会は主に
関東の大学が競い合っていますが、
その背景にはどのような
理由があるのでしょうか?

そして、なぜ関西の大学は
参加していないのでしょうか?

箱根駅伝の位置づけ

関西の大学が箱根駅伝に参加しない
主要な理由は、この大会が
関東学生陸上競技連盟によって
主催される地域限定のものであるからです。

これは、関東の大学が関西の
地方大会に出場できないのと同様です。

また、箱根駅伝で上位に入ると、
他の全国大会への出場権を得ることができます。

しかし、箱根駅伝が全国放送されるようになり、
大会の地位が高まるとともに、
全国の高校生が関東の大学に
集まる傾向が強まりました。

その結果、箱根駅伝への関心が
一層高まっています。

箱根駅伝の参加資格と選考基準について

箱根駅伝は文部科学省の方針により、
出雲全日本大学選抜駅伝および
全日本大学駅伝とともに全国大会と
認定されていますが、
実際には関東学生陸上競技連盟が主催する
地域限定の大会です。

長い間、この大会は
関東学連の手によって運営され、
その伝統を守ってきました。

このため、参加することができるのは
関東地方の大学や専門学校に限定されています。

関東の大学には多くの優秀な高校生が
進学しており、地方大会であるにもかかわらず、
全国レベルの競技が展開されています。

 

タイトルとURLをコピーしました