箱根駅伝の出場資格と選ばれる大学の基準とは?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

箱根駅伝への出場資格には
どのような基準が存在するのでしょうか?

この伝統ある大会は、
オリンピックで活躍したマラソン選手・
金栗四三によって創設されました。

どの大学がこの競走に参加できるのか、
そして参加できる大学の数には
上限があるのでしょうか?

箱根駅伝の出場資格と選択基準

箱根駅伝では、関東地区の
20校の大学が出場資格を得るための
システムが設けられています。

これにはシード校と予選を突破した
学校が含まれます。

予選では、各大学から選出された
12名の選手が参加し、その中の10名の
ハーフマラソンの合計時間で競争します。

これによって、
どの学校が本大会に出場するかが決まります。

2023年の大会では、
以下の基準に基づいて出場校が選出されました。

選考方法

各校の上位10名の合計タイムで、
出場する10校を選び出し、
さらに関東学生連合チームが組まれます。

箱根駅伝は関東学生陸上連盟が主催するため、
主に関東の大学が参加しています。

しかし、過去には1964年の第40回記念大会で
関西大学と福岡大学が招待されたように、
例外的な参加もありました。

出場資格

1) 関東学生陸上競技連盟に登録されている
男子選手で、予選と本大会の出場経験が4回未満の者。

2) 各校は1チームのみ参加が許され、
エントリーは10名から14名まで、
実際に走る選手は10名から12名までとする。

3) 申込期間の前日までに、
全エントリー選手が10000メートルを
34分以内で走る公認記録を持つこと。

 

まとめ

関東学生連盟が主催する箱根駅伝は
主に関東地方の学校が参加対象ですが、
将来的には関東以外の学校が
参加する可能性も完全には否定できません。

もし全国の大学が参加可能になれば、
特に地方の大学にとっては知名度の向上や
学生獲得に大きな影響を与えるでしょう。

例えば、広島経済大が出場資格を得られれば、
地元の優秀な生徒がその大学に進学し、
箱根駅伝に出場する機会が
増えるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました