「よいお年を」の挨拶、いつから始める? 時期とその歴史

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

挨拶

年末に向け、「良いお年をお迎えください」
という挨拶を交わすことが多いですが、
一体いつからこの言葉を使い始めるのが
適切なのでしょうか?

この挨拶の始まるタイミングについて
詳しく見てみましょう。

この挨拶は、年末に頻繁に耳にします。師走に入ると自然と使われ始めるのが一般的で、一年間の感謝を伝え、新しい年の幸運を祈る意味が込められています。

「良いお年をお迎えください」という言葉は12月30日までに使うのが普通です。これは、年末の準備をこの日までに終えるという習慣から来ています。

歴史を振り返ると、
「良いお年を」という表現は
奈良時代まで遡るかもしれません。

日本では節目を大切にする文化が根付いており、
年の終わりに相手に幸せを願う挨拶が
自 naturally arisen naturally としています。

この表現が文字で使用されるようになったのは、
恐らく江戸時代の後期からです。

さらに、「よいお年を」と単に言う場合は、
元日からでも年末からでも使え、
特定の時期に縛られることはありません。

そのため、どのようなタイミングでも
使うことができる柔軟性があります。

以上のように、「よいお年を」という挨拶は
長い歴史と文化的背景を持ち、
時代によって少しずつ変わってきました。

タイトルとURLをコピーしました