「地下「B」」と「屋上「R」」の表示の謎を解明!エレベーターで見る「R」「B1F」「B2F」の意味

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

知識

エレベーターの表示にある「地下「B」」と
「屋上「R」」の意味を解説します。

エレベーター内でよく見かける「B1」
「B1F」の「B」は、一体何を指すので
しょうか?

地下「B」と屋上「R」の謎

エレベーターに表示される「地下「B」」と
「屋上「R」」の略語は以下の通りです:

– basement = 地下室
– rooftop = 屋上

「Basement」は地下室、「Rooftop」は
屋上を意味しています。

通常、建築物は地上階を基準に階数が
数えられます。

建築図面では、「GL」(Ground Level)と
記され、地面の仕上げ高を表します。

総括:「地下「B」」と「屋上「R」」の表示の意味

地下室は、限られた土地を効率良く使用する
ため、また地上では不可能な特定の機能を
果たすために設計されることが多いです。

例えば、温かい空気が上に昇る性質を
利用して、地下室は地上よりも温度や湿度が
低く保たれ、これがワインの保管に適して
います。

ただし、木造の家や新築の鉄筋コンクリート
建築では湿度が高くなることが問題と
なります。

地下水位の高い地域では、地下室の壁が
損傷する恐れもあります。

地下階は地面から下に向かって数え、
地下1階は「B1」(Basementの略)と
表示されます。

「B1F」という表記も日本では一般的
ですが、これは正確ではありません。

タイトルとURLをコピーしました