Windows11でメモ帳に現れる赤い下線を非表示にする方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

Windows

Windows11を最新の状態にアップグレードすると、メモ帳で赤い下線が表示されるようになることがあります。

これは、「メモ帳」アプリの新バージョン(v11.2402.18.0)に追加されたスペルチェック機能が原因です。

Windows11でメモ帳の赤い下線を消す方法

メモ帳のスペルチェック機能をオフにして赤い下線を非表示にする手順は以下の通りです:
1. メモ帳を開きます。
2. 上部のメニューから「編集」を選び、「フォント」をクリックします。
3. 「スペルチェック」のオプションをオフにします。

この操作を行うと、メモ帳内のスペルチェック機能が無効になり、赤い下線が表示されなくなります。この設定はWindows10でも適用できます。

Windows11でメモ帳の赤い下線の意味

Windows 11でアップデートされたメモ帳に新たに追加されたスペルチェックは、テキスト中の綴り間違いを自動で検出し、間違えた箇所を赤い下線で示します。

間違いがあった場所には修正案もポップアップで表示され、マウスクリックやキーボードショートカットで簡単に修正できます。

このスペルチェックは英語のみならず、他言語にも対応しており、不要な単語は無視したり、辞書に追加することが可能です。

プログラムのコードやログファイルでは、初期設定ではこの機能がオフになっていますが、設定メニューやコンテキストメニューから一時的または永続的にオンにすることもできます。

さらに、オートコレクト機能も備わっており、入力中によくある打ち間違いを自動的に修正してくれます。

Windows11でメモ帳のスペルチェック機能について(赤い下線)

Windows 11のメモ帳アプリが最新のアップデートで進化し、スペルチェック機能が加わりました。この機能の主な特徴は以下の通りです。

辞書機能

間違いと正しいスペルを組み合わせて記録し、次に同じ単語を打つ時には自動で修正します。

多言語対応

英語だけでなく、日本語やフランス語、ドイツ語など多くの言語に対応しています。

スペルチェック

誤ったスペルの単語には赤い下線を引いて注意を促します。

自動修正

間違えた単語を自動で正しいスペルに修正します。

 

使用方法

1. メモ帳を開きます。

2. 赤い下線が引かれた単語を確認します。

3. 誤った単語をクリックまたはタップして、
表示される正しいスペルを選択します。

4. 新しいスペルを辞書に追加したい場合は、
「辞書に追加」を選択します。

まとめ

Windows 11のメモ帳アプリでは、バージョン11.2402.18.0以降からスペルチェック機能(赤い下線)が利用可能です。

この機能はすべてのファイルタイプには対応していませんが、スペルミスがあると赤い下線で指摘され、間違った単語をクリックすることで正しいスペルを選ぶことができます。

自分で作成した辞書に間違ったスペルと正しいスペルを登録すれば、次回からは自動で修正されます。

さらに、この機能は多言語に対応しており、キーボードショートカット「Shift + F10」を使用することで、スペルチェックと自動修正を簡単に切り替えることができます。

タイトルとURLをコピーしました