洗濯ネットに入れる量はどのくらいがいいの?最適な量を見つける方法も紹介!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

洗濯の際、
洗濯ネットに過度な量を詰め込んでいませんか?

これでは洗濯が適切に行われませんし、
洗浄効果も低下します。

実は、私も以前、
この簡単なことに気付かず、
洗濯ネットに洗濯物を詰め込み過ぎてしまいました。

その結果、
服がしわしわになり、
特にしわが戻りにくい素材の服は大変でした。

そこで、
洗濯ネットの使い方を見直してみることにしました。

洗濯物を綺麗に洗う秘訣は、
洗濯ネットに入れる量を守ることです。

この適切な量は、
通常洗濯ネットの容量の約7割に相当します。

洗濯ネットの容量を把握するための
簡単な方法をお伝えしましょう。

1. 洗濯物をたたんで洗濯ネットのサイズを確認

多くの人が、
洗濯ネットに洗濯物をぐしゃぐしゃと
詰め込んでしまうことがあります。

これでは洗濯物はしわしわになり、
適切な量が難しくなります。

しかし、
洋服をたたんだときに縦横が洗濯ネットにちょうど収まるサイズが、
適切な洗濯ネットのサイズとなります。

これにより、
どの大きさのネットに入れれば良いかが簡単に判断できます。

私は覚えることが苦手なので、
この方法は非常に便利だと感じました。

また、
洗濯ネットは複数種類や形状があるため、
この方法を使うと洗濯ネットがぴったり収まり、
しわができにくくなります。

2. 洗濯ネットに入れる洗濯物を7割程度にする

適切なネットのサイズを選んだら、
次にそのネットに入れる洗濯物の量を7割程度にしましょう。

洗濯ネットに洗濯物が詰まりすぎると、
洗浄力が低下してしまいます。

洗濯物の間には適度な隙間が必要であり、
この隙間を7割程度に保つことが推奨されています。

洗濯物を少なく詰め込むことで、
洗浄力が低下することもありますので注意が必要です。

ですから、
適切な7割程度の量を洗濯ネットに入れることが重要です。

私はこの方法を試し、
下着の汚れや襟汚れが劇的に改善されました。

以前は洗剤を変えても改善されずに悩んでいましたが、
洗濯ネットに入れる量を調整することで問題が解決しました。

3. 洗濯ネットのサイズも重要

洗濯ネットはS、M、Lなどのサイズに分かれています。
サイズが大きくなると、
洗濯ネットに入れられる洗濯物の量も増えます。

たとえば、Sサイズにはシャツ1枚が入りますが、
Mサイズにはシャツ2枚が入ることになります。

私は日常的に異なる服を着ることがあるため、
Sサイズを多めに用意しています。

Mサイズはシャツ1枚だけでは使用できないため、
Sサイズを使うことができる便益性があります。

大きすぎるネットを使用すると、
洗濯機内で洗濯物が片寄ってしまい、
洗濯機の故障の原因にもなります。

洗濯機の取扱説明書にも、
大きすぎるネットの使用を避けるように記載されています。

私自身、
大きなネットを使用したことで洗濯機が故障した経験があります。

粗い作業着を一度に多く洗った際、
大きなネットが問題の原因かもしれません。

したがって、小さなネットの使用がおすすめです。

洗濯ネットに入れるべき物と
入れないべき物を分けることも重要です。

洗濯機は洗濯物を優しく洗浄できるように進化していますので、
洗濯ネットに入れるべき物は最低限に留めましょう。

私は襟のついた服を洗濯ネットに入れることが多いです。

襟部分は洗濯ネットに入れないと崩れてしまうためです。

一方、
ポリエステルなど形が崩れにくい素材でしわができにくいTシャツは、
洗濯ネットに入れないことが多いです。

まとめ

要するに、
洗濯ネットの適切な使用方法は、
洗濯ネットに入れる洗濯物の量を調整し、
適切なサイズのネットを選び、
洗濯物の種類に合わせて使うことです。

洗濯物をたたみ、
洗濯ネットのサイズを確認し、
7割程度の量を洗濯ネットに入れると、
洗濯効果が向上し、洗濯が楽しくなります。

特に襟の汚れが改善されたことから、
洗濯ネットの容量の重要性を実感しています。

タイトルとURLをコピーしました