絵の具で紫の作り方は?!魅力的な紫色の調合法:絵の具を使って簡単に美しい紫を作ろう!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

紫色を作る方法をご存知ですか?

多くの人は「赤と青を混ぜる」と考えるかもしれませんが、
それだけでは完璧な答えではありません。

実は、美しい紫色を作ることは意外に難しいのです。

この記事では、絵の具を使って
魅力的な紫色を作るコツをご紹介します。

一般的に水彩絵の具やアクリル絵の具のセットには
12色か24色が含まれていますが、必ずしも
欲しい色がすべて揃っているわけではありません。

必要な色を得るためには、異なる色を
混ぜ合わせることが求められます。

たとえば、オレンジは赤と黄色を、
グレーは白と黒を混ぜて作れます。

紫色を作る際、一般的には赤と青を混ぜることが考えられます。

この組み合わせは理論上紫色を作るのに適していますが、
実際に水彩絵の具やアクリル絵の具の赤と青を混ぜると、
思い通りの色にならないことがよくあります。

これは「色の三原色」の理論、すなわち
赤、青、黄の組み合わせが関係しています。

これらの色が混ざると暗くなり、
すべてを混ぜると黒に近づきます。

しかし、市販されている絵の具の赤や青は
純粋な色ではなく、三原色が混ざった色です。

そのため、これらを混ぜると黒や茶色になりやすいのです。

特に黄色味が強い赤や青を混ぜると、
より黒っぽくなる傾向があります。

絵の具で紫の作り方は?!

美しい紫色を作るには、黄色味が少ない濃い赤(クリムゾン系)や
濃い青(ディープブルー系)を選ぶのが良いでしょう。

また、赤と青の割合も大切です。

おすすめの割合は「赤:青=2:1」または「赤:青=1:2」です。

赤を多くすると赤紫に、青を多くすると青紫になり、
茶色っぽさも抑えられます。

「赤:青=1:1」の割合は避けた方が良いでしょう。

これらの割合を参考に、自分だけの美しい紫色を
作ってみてはいかがでしょうか。

紫色を作る技術:絵の具と水分量で色調を変えるコツ

紫色を作るとき、赤と青の絵の具の
組み合わせが重要ですが、学校で使う絵の具セットには
色の選択肢が限られていることが多いです。

明るい紫や濃い紫を作りたい時もあるでしょうが、
色を混ぜても思うようにならないことがあります。

そんな時に役立つのが、水の量を調整することです。

水彩絵の具やアクリル絵の具では、
水の量を変えることでさまざまな質感を表現できます。

水を多く使うと、軽やかで透明感のある色合いになります。
逆に、水を控えめにすると、より濃厚で重厚感のある色が作れます。

アジサイを描くとき

たとえば、やわらかな印象の青紫色の紫陽花を描きたい場合は、
赤:青を1:2の割合で混ぜ、水をたっぷりと加えて
透明感を出すと良いでしょう。

コスモスを描くとき

一方、鮮やかな赤紫色のコスモスを描くときは、
赤:青を2:1の割合で混ぜ、水を少なめにすると
色の強さが保たれます。

彩度や品質も大切

さらに、絵の具の彩度や品質も大切です。

鮮明な紫を作るためには、高彩度の絵の具が必要です。

絵の具の裏面やパッケージには、
色の鮮やかさを示すマンセル記号が記載されています。

この数値が高いほど、色は鮮やかで
混色しても濁りにくいということです。

高品質な絵の具は顔料の純度が高く、
色を混ぜても濁りにくいので、
美しい色を作るためには、より多くの色を
そろえることが有効です。

絵の具で紫の作り方は?!まとめ

本記事では、紫色を作る際の絵の具の選び方、
赤と青の適切な比率、水の量の調整法を紹介しました。

美しい紫を作るためには、黄色味が少ないクリムゾン系の赤や
ディープブルー系の青を使い、適正な割合で
混ぜることがポイントです。

水の量を調整することによって、
紫の色合いを豊かにすることができます。

タイトルとURLをコピーしました