鹿児島弁の日常会話って?『鹿児島弁の基本を学ぼう!日常会話でよく使われる地元の言葉とその使い方』

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

鹿児島の地方言葉の魅力を、さまざまな例文を通して
ご紹介します。

鹿児島弁には独特のアクセントがあり、
そのリズムは力強く印象的です。

語尾には「け」や「がよ」といった言葉がよく使われ、
親しみやすい響きがあります。

もしかしたら、2018年にNHKで放送された
ドラマ「西郷どん」で聞いたことがある方も
いるかもしれませんね。

この記事では、以下の内容について学ぶことができます。

– 日常でよく使われる鹿児島弁とその使い方
– 鹿児島弁特有の語尾の特徴

たとえば、以下のような言葉を紹介しています。

「あいがとさげもした」は「ありがとうございました」の意味です。

「いした」は、驚きを表すときに使う言葉です。

「うんにゃ」は「いいえ」の意味を持ちます。

「おじゃったもんせ」は「いらっしゃいませ」と同じ意味で使われます。

「おやっとさぁ」は「お疲れ様」という意味です。

「かごいま」は、鹿児島を意味する地元言葉です。地域によっては「かごんま」とも呼ばれます。

「キバレ」は「頑張れ」という意味です。語尾を変えると「がんばる」という意味に変わります。

「ぎ」は「文句」という意味を持ちます。

-「こら、ぎを言うな!」は「こら、文句を言うな!」と同じ意味です。

「ぐらし」は「かわいそう」という感情を表す言葉です。

「○○げー」は「○○家」という意味を持ちます。

「しったれ」は「末っ子」という意味です。

「すいちょっど」は「好きです」という意味です。

「すんくじら」は「隅っこ」という意味です。

「そいじゃが」は「そうだ」という意味です。

「だれる」は「疲れる」という意味です。

「チェスト」は「それいけ」という意味です。

「てげてげ」は「適当」という意味です。

「ですです」は「そうです」という意味です。

「ないしちょっとよ」は鹿児島弁で「何をしているの」という意味です。

「なおす」という鹿児島弁は、「片付ける」という意味です。

これは標準語の「修理」とは違う意味ですね。

「にけ」は「新しい」という意味を持ちます。

「ねごなる」は「なくなる」という意味の鹿児島弁で、
少し分かりにくい表現です。

「はっちた」は「行ってしまった」という意味を持ちます。

「ひさかぶい」は「ひさしぶり」と同じ意味です。

「びんた」とは鹿児島弁で「頭」という意味です。

「へ」は「灰」という意味ですが、他にも
「ハエ」や「おなら」など複数の意味を持ちます。

「まこて」は「本当に」という意味です。

「まっごた」は「間違えた」という意味で、
「まっごで」は「間違う」という意味です。

「もじょか」は「かわいい」という意味の鹿児島弁です。

「もへ」は「もう」という意味で、時に
「こんなに早く」というニュアンスでも使われます。

「やぜろしか」は鹿児島弁で「うるさい」という意味を持ちます。

「やっせん」は「ダメ」という意味の鹿児島弁で、
役に立たないというニュアンスがあります。

「やっせんぼ」という言葉は「臆病な人」という意味で、
弱虫という感じで使われます。

「よかにせ」は「イケメン」という意味を持ちます。

「わい」は「お前」という意味の鹿児島弁で、

「わっぜ」は「とても」という意味で、
大変というニュアンスでも使われます。

「わっぜい」は「たくさん」という意味で、
かなりという感じで使われます。

「んだもしたん」は「あらまあ」という意味で、
驚きの時に使います。

「~が」は「~しよう」という意味の鹿児島弁で、
誘う時に使われます。

「~がよ」は「だよ」という意味で、
鹿児島弁独特の語尾です。

「~け?」は「~ですか?」という意味で、
疑問を表す時に使われます。

「さ~」は「しましたよ」という意味で、
語尾を伸ばして使います。

鹿児島を訪れる際には、これらの鹿児島弁を
参考にしてみると楽しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました