「ウール」と「カシミヤ」の違いと特性

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

ウールとカシミヤは、どちらも
動物由来の繊維でありながら、
異なる動物の毛から作られており、
それによって繊維の性質や製品価格に差があります。

カシミヤはインド北部カシミール地方原産の
カシミヤヤギの産毛から作られる高級毛織物で、
別名「カシミア」とも呼ばれますが、
正式な名称は「カシミヤ」です。

ウールは一般的に羊の毛やその毛織物を指しますが、
広い意味ではアルパカ、アンゴラ、ラクダの毛も含まれます。

 

保温性、保湿性、伸縮性に優れる点では
両者は共通していますが、カシミヤはウールより
細い繊維で、暖かさや軽さの面で優れています。

さらに、カシミヤは上品な光沢と柔らかな肌触りが魅力です。

カシミヤヤギはウールを提供する羊と比較して
数が少なく、一頭から採れる産毛の量も
150~250g程度と限られているため、
カシミヤはウールよりも少ない生産量で、
価格も高くなります。

タイトルとURLをコピーしました