お彼岸期間中の行動:お墓参りは必要?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

 

お彼岸は、伝統的にお墓参りをする時期ですが、
仕事や健康の問題、新型コロナウイルスの影響などで
お参りできないこともあります。

このような状況で何もしないのは問題があるのか、
罰当たりなのかと疑問に思う人もいるでしょう。

実は、お彼岸の本来の意味を知ると、
何もしなくても「特に問題はない」
ということがわかります。

この記事では、お彼岸のお参りの背景について詳しく説明します。

■お彼岸期間中に何もしないのは問題?

お彼岸は、春分の日と秋分の日を中心とした
7日間の期間で、この時期に多くの人が
お墓参りを行います。

しかし、「彼岸」とは仏教の言葉で、
この世界を此岸(こがん)、仏様のいる世界を
彼岸(ひがん)と呼びます。

彼岸とは、煩悩から解放され「悟り」の境地を意味します。

彼岸は西方にあるとされ、春分や秋分の日に
太陽が真西に沈むことから、この日が彼岸に最も近いとされ、
「自分が極楽浄土に行けるように」と祈る習慣が生まれました。

このため、お彼岸にお参りする本来の目的は、
「ご先祖様に思いを馳せる」よりも
「自分が極楽浄土に行けるように祈る」ことにあります。

しかし、同時に、ご先祖様をお参りすることが
極楽浄土への近道ともされています。

これが、現代では「お彼岸=ご先祖様をお参りする」
という考え方につながっています。

しかし、お彼岸の本来の意味を踏まえると、
お墓参りを必ずしも行う必要はなく、
罰当たりでもありません。ご安心ください。

お彼岸にお参りできないときの対処方法

お彼岸は通常、ご先祖様へのお参りと結びつけられがちです。

しかし、「何もできないと心配…」という方もいるでしょう。

仕事や新型コロナウイルスの影響で帰省が難しい時、
どうすれば良いかご紹介します。

お供え物を送る

お墓参りが可能な親戚や、お仏壇のある家庭に
お供え物を送り、代わりに供えてもらうこともできます。

あなたがお彼岸に参れないことを理解してもらえるでしょう。

お供え物を送ることで、「ご先祖様を大切に思っています」
という気持ちを伝えられます。

お彼岸の前後でお墓参りを行う

お彼岸の期間中に都合がつかない場合は、
その前後にお参りに行くのも良い方法です。

大事なのは、ご先祖様への思いを大切にすることです。

実家の家族や親戚が心配な場合は、
事前に話し合っておくと良いでしょう。

お墓参り代行サービスを利用する

お墓参りができる親戚がいない場合や、
お墓の管理が難しい場合は、代行サービスの利用も考えられます。

サービス内容は、お墓の掃除やお花・お線香の供え、
そしてお参りなどです。

自宅で祈りをささげる

お墓に訪れられない時は、自宅でご先祖様に
感謝の祈りを捧げることができます。

訪問できないことを気に病む必要はありません。

心からの思いを伝えましょう。

お彼岸期間中に避けるべき6つの行為とマナーについて

お彼岸は「喪の時期」ではありませんが、
一般的に避けるべきとされる行動が
いくつかあります。

**引っ越しや新築祝い**

お彼岸中に引っ越しや新築祝いを行うと、
ご先祖様を軽んじていると思われる可能性があります。

これらの行為が完全に禁止されているわけではありませんが、
近隣住民や周囲への配慮は必要です。

特に新築祝いは、他の時期に行うことが好ましいでしょう。

**新車の納車**

新車の納車は通常、縁起の良い日に行われますが、
お彼岸中でも特に問題はないとされています。

仕事の都合でお彼岸中に納車を希望する場合は、
ディーラーと相談することが良いでしょう。

お彼岸期間中にこれらの行動を取る際は、
周囲の人々の感情や習慣を考慮することが肝心です。

**水辺での遊び**

春のお彼岸は雪解け水の影響で川が増水する危険があり、
秋のお彼岸は台風シーズンと重なります。

そのため、これらの時期に水辺での遊びは
避けられるべきです。

**結婚式の開催**

お彼岸に結婚式を行うことは禁じられてはいませんが、
多くの人がお彼岸の準備やお墓参りに忙しいため、
この時期の結婚式は好ましくないと考える人もいます。

そのため、この時期に式を行う際は、
招待者の事情を考慮し、事前に話し合うことが推奨されます。

**お見舞いの訪問**

お彼岸の時期にお見舞いに行くことは、
縁起が悪いとされることがあります。

避けられない場合は、訪問の前に相手に事情を説明し、
了承を得てから行くのが適切です。

**七五三やお宮参りなどの神事**

お彼岸は仏事であるため、七五三やお宮参りのような
神事と同時に行うことは避けられるべきです。

特に年配の人々には、この時期に神事を行うことは
非常識と見なされがちです。

そのため、親族を招いて祝う場合は、
彼らのスケジュールを事前に確認することが重要です。

お彼岸にお墓参りができない時の対応策

お彼岸にお墓参りに行けない状況は、
仕事の都合や小さな子供の世話、
家族の急な病気など様々です。

そういう時には、無理に行動する必要はありません。

一番大事なのは、ご先祖様への感謝の心を
持ち続けることです。

ただし、気持ちだけでは伝わらないこともあります。

そのような場合、次のような対応が考えられます。

– お彼岸の法要の日に合わせて供物を送る
– 法要に参加する人に代わりに供物を用意し、
届けてもらう
– お彼岸に参拝できなかったことを謝罪し、
ご先祖様を偲ぶメッセージをハガキや手紙で送る
– 都合がつく日にお墓参りを行う
– 自宅でご先祖様に感謝の祈りを捧げる
– お彼岸の季節に合わせて季節の果物などを送り、
気持ちを伝える

まとめ

この記事では、「お彼岸に参拝できないことは問題か」
という疑問について解説しました。

お彼岸は仏教の用語で、極楽浄土を意味しており、
西に沈む太陽を拝むことで極楽浄土へ行けると
考えられています。

ご先祖様も極楽浄土にいるため、
お彼岸にはお墓参りの習慣がありますが、
本来の意味を考えると、参拝しないことが
悪いわけではありません。

心配なら、親戚と相談してお彼岸の前後に参拝したり、
お供え物を送るなどの方法を考えてみましょう。

何よりも、ご先祖様への感謝の心を忘れないことが重要です。

心配する必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました