ご祝儀袋の「袱紗(ふくさ)」使用のマナーと価格について!ない時はハンカチでの代替は適切か?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

結婚式でのご祝儀袋を「袱紗(ふくさ)」で
包む習慣がありますが、当日袱紗を用意できない場合の
マナーについて疑問が生じます。

特に若者の間では、袱紗を使う機会が減っているようです。

ご祝儀袋は受付で渡すため、袱紗がなくても
大きな問題はないと考えられます。

以下の疑問について解説します:

ご祝儀袋を袱紗で包まないのは失礼に当たるでしょうか?
– 袱紗の価格はどれくらいですか?
ご祝儀袋をハンカチで包むことは受け入れられますか?

お祝い金封を袱紗で包まない場合のマナー

通常、ご祝儀袋は袱紗に入れて持って行きます。

袱紗は本来、貴重品を守るために使用される
風呂敷の一種で、汚れや日焼けから
保護する目的があります。

後にお金を贈る際にも用いられるようになりました。

しかし、袱紗を使わないと失礼かというと、
実際には使わない人も多く、それ自体が
大きな問題にはなりません。

重要なのは、お祝い金封を汚れや折り目から守って持参することです。

袱紗の種類や価格は多岐にわたり、
100円ショップで購入できるものから、
1万円を超える高級品まで存在します。

ここでは、手頃な価格で人気のある袱紗をご紹介します:

金封袱紗

この金封袱紗は使いやすく、
紫色など慶弔両方で使える色があります。

1000円以下で購入でき、コストパフォーマンスに優れています。

台付き袱紗

台付き袱紗は風呂敷タイプで、
慶弔どちらにも使えます。

数百円から選べ、様々な場面で役立ちます。

結婚式などでハンカチを「袱紗(ふくさ)」代わりに使っても問題ないの?

急な結婚式への出席で袱紗を準備できない時、
ハンカチで代用しても大丈夫かという疑問がありますね。

短期間で袱紗を手に入れるのが難しい場合、
ハンカチを代用しても問題ありません。

ただし、袱紗特有の色や包み方のルールがあるため、
ハンカチを使用する際もこれらを考慮することが望ましいです。

以下に袱紗の色選びや包み方について簡単に説明します。

袱紗の色と選び方

– お祝いごと(慶事)の場合:赤、ピンク、オレンジ、
ローズ、えんじ色、金色、紫など

– 弔事の場合:紺、グレー、緑、深緑、うぐいす色、山吹色、紫など

紫色は慶事にも弔事にも使える便利な色です。

ハンカチを選ぶ際も、明るく適切な色を選ぶことが大切です。

不適切な色(例:グレー)は避けましょう。

ふくさの包み方と代用方法

– 金封タイプのふくさの場合、
大きなご祝儀袋が入らないことがあります。
その際は、ハンカチや風呂敷を使って包むと良いです。

– 風呂敷タイプのふくさは、どんなサイズの
ご祝儀袋にも対応可能です。

– ふくさが手元にない場合は、風呂敷やハンカチで包むのが適切です。
包む際は左から上、下、右の順にし、渡すときのマナーにも注意しましょう。

ふくさの入手先

ふくさは、スーパーや百貨店のフォーマル売り場、
呉服店、雑貨店(例:ロフトや東急ハンズ)、
ネット通販で購入できます。

デザイン性や利便性に優れたおしゃれなふくさもあります。

急ぎの場合、ダイソーのような100円ショップでも
見つけられるかもしれません。

まとめ

人生で何度か訪れる冠婚葬祭に備え、
慶事と弔事の両方に対応できる袱紗を
一つ準備しておくと安心です。

急な出席の際も慌てることがありません。

もし周りに袱紗を持っている知人や家族がいれば、
借りるのも一つの方法です。

ハンカチで代用する場合は、周囲に相談してみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました