「お見舞いのお金」の包み方!お札の向き、新札の取り扱い、封筒の正しい閉じ方

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「お見舞いのお金」を包む際には、適切な方法を把握することが重要です。

お札の向き、新札の使用、封筒の閉じ方について、
どのようにするのが正しいのかをご紹介します。

間違った包み方をすると失礼に当たる可能性があるため、
ここで正しい方法を学びましょう。

お札の向きについて

封筒にお札を入れる際には、表側が上を向くようにし、
お札に描かれた人物の顔が封筒の開口部に来るように配置します。

この方法は、お祝い事でお金を送る際のマナーに準じたものです。

お見舞いは不幸な出来事のように思われがちですが、
「これからの回復を願う」意味を込めて送ります。

お見舞いにお金を包む際のポイント:お札の向きと封筒への入れ方

お見舞いの際にお金を包む方法には、
お札の向きや表裏、上下に関するポイントがあります。

ここでは、その詳細を解説します。

お札の表裏の見分け方

お札の表面は、人物の肖像が描かれている側を指します。

それに対して、肖像画がない側が裏面になります。

お札の上下について

お札を封筒に入れる際には、上部に人物の顔が来るようにし、
下部には金額が表示されるようにします。

中袋へのお札の入れ方

中袋にお札を入れる場合、表面から見たときに
肖像画が見えるように配置します。

お見舞いの際は、このような配置が一般的です。

お見舞いでの新札の扱い方

お見舞いには、通常、新札を使用することは避けられがちです。

新札を避ける理由

新札を使うことは、お見舞いの準備を
あらかじめしていたと解釈されることがあるため、
通常は新札は使用しない方が良いとされています。

新札しかない場合の対応

もし手元に新札しかない場合は、新札に折り目を付けて使うことで、
新札である印象を和らげることができます。

お見舞い金の選び方:新札か旧札か

日本では多くの場面で現金の贈り物をしますが、
お見舞いの場合は、新札か旧札かを選ぶことがポイントです。

急なお見舞いでは、旧札を使用するのが無難ですが、
しわしわの古い札は避け、比較的綺麗な旧札を選ぶのが良いでしょう。

新札を使う場合は、折り目を付けるという方法もあります。

お見舞い金を入れる袋としては祝儀袋を用い、
状況に応じたお札を選んで包みます。

「お見舞いのお金」を包む際の適切な封筒の選び方とお札の入れ方

「お見舞いのお金」を包む時、どのような封筒を選び、
お札をどのように入れれば良いのでしょうか。

ここでは、それらについて詳しくご説明します。

「お見舞いのお金」用の封筒の選び方

お見舞いの際に使う封筒は、通常、紅白の熨斗袋が適しています。

祝儀袋はお祝い事の際に、不祝儀袋は仏事の際に用いますが、
お見舞いの場合は祝儀袋を使用することが一般的です。

水引は「結び切り」のものを選ぶことが重要で、
これは病気や怪我が一度で終わることを願う意味が込められています。

のし袋を選ぶ場合、特に年配の方に対しては
のしのないものを選ぶと良いでしょう。

また、「お見舞い」と印刷された封筒を使うと、誤解を避けやすくなります。

お札の正しい入れ方と向き

「お見舞いのお金」を封筒に入れる際は、
お札の人物の肖像が上を向くようにします。

これにより、封筒を開けた時に顔が見えるようになります。

お見舞いは慶事に含まれるため、このように入れるのが望ましいです。

封筒の表面には「御見舞」と自己の氏名を記入し、
裏面に金額を記すこともあります。

複数人でお見舞いに行く場合は、全員の名前を書くことが親切です。

選ぶべき封筒とは?

一般的に不幸の象徴とされる不祝儀袋ではなく、
実は「お見舞いのお金」には祝儀袋を使用します。

ここで重要なのが、熨斗(のし)の有無と水引の形です。

熨斗は、かつて慶事の贈り物として用いられた
アワビの干し物が起源で、長く細く干すことから
「延ばす」という意味合いがあります。

しかし、熨斗付きの祝儀袋を使うと
「怪我や病気が長引く」と誤解される恐れがあるため注意が必要です。

水引には「結び切り」の形を選ぶのが適切です。

蝶結びは「繰り返し」という意味があるため、
お見舞いでは「これで最後に」という思いを込めて結び切り形式を選びます。

封筒の折り方について

祝儀袋には封筒ではなく紙に包むタイプもあります。

お札を包んだ後、紙の左右を閉じ、その上で上下を折ります。

この際、上側の紙を最初に折り、
下側の紙をその後に折ることがポイントです。

これは「下向きのものを上向きにする」という願いが込められているためです。

お見舞いの封筒の正しい閉じ方

お見舞いの封筒は、下側の紙を上に折るようにします。

これは、病気の回復を願う意味が込められています。

この閉じ方は慶事用のご祝儀袋と同じです。

表書きのポイント

表書きには「御見舞」と記入し、名前を加えます。

「御見舞い」とすると四文字になり、
「死」を連想させるため避けるべきです。

裏面への金額の記入は任意ですが、後でお返しをする際に役立つため、
記入すると良いでしょう。

 

まとめ

「お見舞いのお金」を贈る機会はそう多くはないかもしれませんが、
基本的なマナーを押さえておくことで、
相手に気持ちよく受け取ってもらえます。

最も大切なのは、お見舞いに訪れるあなたの思いやりです。

手術直前や直後の訪問は避け、回復を願いながら
適切なタイミングで「お見舞いのお金」を渡しましょう。

タイトルとURLをコピーしました