一年間の業務を締めくくる「仕事納め」とは?日付は固定されているの?(民間企業・政府機関・銀行の慣習)

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

年末が近づき、待ちに待った年末休暇が間近に控えています。

日々の忙しい生活に追われる人々にとって、
一息つける時期がやってきました。

年末が近づくと、「今年の業務はいつまでですか?」
という問い合わせが取引先から増えます。

「仕事納め」とは、その年の業務を終える日を指しますが、
具体的にはどのような意味があるのでしょうか?

また、どのような日付を指しているのか、
詳細についても気になるところです。

この記事では、「仕事納め」の意味や日付について詳しく説明します。

仕事納めとは何か?

年末が近づくと、様々な場所で「仕事納め」という言葉を聞くことがあります。

社会人になると自然に使われるこの言葉ですが、
具体的に「仕事納め」とは何を意味するのでしょうか。

一般的に、「仕事納め」とは年間業務を締めくくる最終日を指します。

法律で特別に定められているわけではありません
(政府機関は除く)。

そのため、各職場では12月の最終出勤日が
「仕事納め」となることが多いです。

職種によっては、12月25日頃に業務を終えることもあれば、
30日まで続けることもあり、会社によって異なります。

つまり、その年の最後の勤務日を指します。

ただし、年中無休で営業する企業や店舗では、
「仕事納め」という言葉は一般的ではありません。

年末年始の休暇がある場所では主に使われ、
12月の仕事納めの翌日から新年の最初の出勤日までが
休暇期間となります。

懐かしい響きのある「仕事納め」という言葉ですね。

年末の各セクターの業務終了日について

年末が近づくと、政府機関、民間企業、銀行など各種組織では
その年の業務を終える日が設定されます。

これを「業務終了日」と呼びます。

それぞれのセクターでの業務終了日について詳しく見ていきましょう。

政府機関の業務終了日

◎ 通常12月28日

政府機関では、法律に基づいて業務終了日が設定されており、
大半は12月28日です。

これは、年末年始の休暇期間が12月29日から1月3日までと定められているためです。

しかし、12月28日が週末に該当する場合は、
業務終了日が12月26日や27日に変更されることがあります。

また、政府機関では「御用納め」という言葉が使われることがあり、
その由来は江戸時代にまで遡ります。

民間企業の業務終了日

◎ 多くは12月28日

民間企業の業務終了日は会社によって異なりますが、
一般的には12月28日が多いです。

これは政府機関の業務終了日に合わせたものです。

ただし、業種によっては異なる場合もあります。

12月28日が土曜日や日曜日にあたる年では、
業務終了日が12月26日や27日に設定されることもあります。

銀行の業務終了日

◎ 多くは12月30日

銀行では、年末の業務は通常12月30日まで行われます。

そのため、銀行の業務終了日は多くの場合12月30日となります。

銀行の業務開始日は1月4日で、
年末年始の休暇は12月31日から1月3日までです。

年末年始に窓口業務が休みであっても、
多くの場合ATMは稼働しており、急な出金に対応しています。

これらの業務終了日は、年末のスケジュールを計画する上で
非常に重要な情報です。

特に金融関連の手続きを行う際には、
銀行の業務終了日を意識することが肝心です。

世界各国の年末の業務終了と日本の仕事納めについて

海外における年末の業務終了

海外では日本のように「仕事納め」という概念が一般的ではないことが多いです。

特にクリスチャン文化が強い国では、
クリスマスの休暇を大切にします。

多くの会社では、クリスマス当日と翌日を休むことが一般的で、
その後の勤務は会社のポリシーか個々の判断に委ねられています。

新年の業務開始は、通常、1月1日の祝日の次の日からとなります。

これは日本の年末年始の休み方とは異なる点です。

私の仕事納めの体験

私が過去に勤めていた日本の会社では、12月28日が仕事納めで、
新年は1月4日から始まりました。

仕事納めの日は、部門ごとに外食するのが恒例で、
お蕎麦を食べることが多かったです。

普段は交流が少ない同僚とも、この日は一緒に食事をして、
一年を振り返ります。

午後は、普段は専門の清掃員が行うオフィスの大掃除を、
全員で行います。

当時は少し面倒に感じていましたが、
今では良い思い出として残っています。

仕事納めの日付とその意味について

仕事納めとは、年末の最後の勤務日を指します。

日本では、政府機関での仕事納めは通常12月28日で、
土日に当たる場合は日程が変更されることがあります。

民間企業も多くがこの日を仕事納めとしていますが、
業種によっては異なる場合もあります。

銀行では、12月30日まで業務を行うことが一般的です。

一年間の業務を締めくくる「仕事納め」とは?まとめ

年末まで残り少なくなってきましたが、
充実した年末年始を迎えるためにも、
しっかりと仕事を終えたいものです。

皆さんにとっても良い新年を迎えることができますように。

タイトルとURLをコピーしました