門松の飾りつけ期間は?いつから飾り、いつ片付ける?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

年末が近づくと、日々があっという間に過ぎていくように感じますよね。

この時期は特に忙しさが増し、日本の伝統に従って
お正月の準備を始める時期でもあります。

お正月には、玄関に門松を飾るのが一つの風習です。

門松を見ると、新しい年の始まりを実感し、
多くの人がその飾り方に興味を持っています。

今回は、門松をいつ飾るのが良いのか、どのように配置するのか、
そして飾り終わった後の処分方法について解説します。

美しい日本の伝統である門松の適切な飾り方を、
この機会に覚えておきましょう。

門松を飾る時期

それでは、門松をいつからいつまで飾るのが適切なのでしょうか。

あまり早く飾りすぎるとクリスマスと時期が重なってしまい、
年末直前では忙しさに追われがちです。

適切な飾り時を守ることが重要です。

一般に、お正月飾りは「松の内」という期間に合わせて飾られます。

関東では12月13日から1月7日、関西では1月15日までが松の内とされています。この期間を目安に門松を飾ると良いでしょう。

ただし、12月29日と31日は避けた方が良いです。

29日は「二重苦」を連想させ、
31日はお正月の前日であるため、
一日だけの飾りつけは年神様への準備不足と
見なされることがあります。

現代ではクリスマスも盛んに祝われるため、
12月25日まではクリスマスの装飾が多く見られます。

そのため、12月13日から門松を飾るのは
早いと感じられるかもしれません。

クリスマスが終わった後、遅くとも
12月30日までには門松を飾り、
松の内が終わる1月7日(関東)または
1月15日(関西)までに片付けるのが一般的です。

## 門松の飾り付けと配置のポイント

門松を飾る適切な期間についてお分かりいただけたら、
次に飾り付けの方法についてご紹介します。

通常、門松は玄関先に二本一対で飾られます。

これらはただのペアではなく、
左側を雄松(黒松や白い葉牡丹を使用)、
右側を雌松(赤松や赤い葉牡丹を使用)とするのが一般的です。

どちらが雄松で雌松か迷った際は、
葉牡丹の色で見分けることができます。

様々なスタイルがあり、場合によっては
両方とも同じデザインの門松を見かけることもあります。

門松の置き場所は、普通に家の入り口付近となります。

これは、年神様が迷わず訪れることができるようにするためです。

近年、大きなサイズの門松は
一般家庭ではあまり見られなくなり、
小さめサイズや現代風デザインの門松が
人気を博しています。

ご自宅のスタイルに合わせて選び、
幸運をもたらす年神様をお迎えしましょう。

門松の意味と由来

まず、門松がどういった意味を持ち、
どのような由来があるのかを見てみましょう。

お正月には、年神様が家々を訪れて
一年の幸運をもたらします。

門松は、年神様が迷わずに訪れるための
目印として立てられます。

実は、「門松」という言葉は
新年を象徴するものとしても知られているんです。

門松の処分について

松の内が終了すると(関東では1月7日、関西では1月15日)、
門松の飾り時期も終わります。

門松は縁起の良いものなので、処分方法には注意が必要です。

まず、購入したお店に処分方法を尋ねることをお勧めします。

また、地元の神社に処分の可否を尋ねるのも一つの方法です。

1月15日に行われる「どんど焼き」という行事で
お正月飾りを燃やす地域もあるため、
お住まいの地域でどんど焼きが行われているかを
調べてみるのも良いでしょう。

処分方法が見つからない場合は、
感謝の気持ちを込めて自治体のルールに従い、
ゴミとして処分しましょう。

地域によっては粗大ゴミとして扱われることもありますので、
ごみ捨て規則を事前に確認してください。

素晴らしい新年を門松とともに

門松を飾る期間は、12月13日から30日までで、
クリスマスが終わった後に設置するのがベストです
(ただし29日は避けてください)。

片付ける時期は1月7日(関東)または1月15日(関西)までとなります。

かつては多くの家庭で玄関の両側に
立派な門松が飾られていましたが、
最近ではその数が減少しています。

しかし、園芸やDIYが流行っている現在、
自分で作るのも楽しい経験になるでしょう。

日本の美しい伝統を守りつつ、良い新年を迎えてください。

タイトルとURLをコピーしました