年末の大掃除に頭を悩ませていませんか?大掃除をしたくない時のヒント

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

年末が近づくと、家の大掃除の計画を立てる人が増えますね。

私の家では、年末年始を実家で過ごすため、
11月半ばから少しずつ掃除を始めるんです。

実は、年末に一年間の汚れを落として
新年を清々しく迎えるのは、日本独自の伝統です。

ですが、グローバル化が進む現代では、
この伝統を守る家庭はどのくらいあるのでしょうか。

この記事では、他の人たちはどうやって
年末の大掃除をしているのか、そして
大掃除を避けたい人向けのアイデアを紹介します。

海外では年末の大掃除は一般的ではない

日本のように年末に大掃除をして新年を迎える習慣は、
海外ではあまり一般的ではありません。

たとえば、ヨーロッパやアメリカでは、
クリスマスツリーを飾る前に少々丁寧に掃除をするくらいですし、
日本の大掃除のような習慣はあまりありません。

また、暖炉のある家庭では、春になり暖炉の使用頻度が減ると
「スプリングクリーニング」と呼ばれる掃除をしますが、
これは日本の大掃除ほど大掛かりなものではないんです。

私も以前数年間アメリカに住んでいましたが、
アメリカの友人や知人が年末に
大掃除をすることはほとんどありませんでした。

アメリカでは、新年よりもクリスマスの方が大切な祝日で、
多くの職場や学校は1月2日からいつも通りに始まるんですよ。

### 年末の大掃除をラクにする5つのアイデア

年末になると、大掃除の準備を始める方も多いですが、
すべての人にとって楽しい作業とは限りません。

そこで、年末の大掃除をもっと手軽にするための
いくつかのアイデアをご紹介します。

1. 掃除代行サービスを活用する

大掃除をする手間を省くために、
掃除代行サービスを利用するのはどうでしょうか。

特に年末だけでなく、エアコンの内部や
キッチンの固執した汚れなど、普段自分で掃除しにくい箇所も
プロなら綺麗にしてくれます。

費用やサービスは業者によって異なりますが、
予算に合わせて部分的に依頼することもできます。

たまには自分へのご褒美として、
プロに任せてみるのも良いかもしれません。

2. 早めに少しずつ掃除を開始する

年末に大掃除を一気に行うと、
時間も体力も大量に消費されます。

そこで、11月頃から少しずつ掃除を始めてみてはどうでしょうか。

例えば我が家では、屋外や重いものは夫が担当し、
水回りは私が担当しています。

休日に少しずつ進めることで、大掃除の負担が軽減されます。

3. 日常的に掃除をする

普段からこまめに掃除をしておくと、
年末の大掃除が楽になります。

これができれば一番ですが、継続は難しいものです。

ここでは、日常的に掃除を心がけている友人の工夫を紹介します。

彼女は掃除道具をすぐ手に取れる場所に置いて、
使用後はすぐに掃除する習慣をつけています。

また、視界に入るものを減らすことで
掃除がしやすくなるようにしています。

4. 大掃除の時期を変更する

日本では年末に大掃除をするのが一般的ですが、
外国ではそうではありません。

忙しい年末を避け、自分の都合が良い時期に
大掃除をするのも一つの手です。

5. 断捨離で掃除を簡単にする

物が少なければ掃除も楽になりますので、
断捨離をお勧めします。

家族がいる場合、思い切った断捨離は難しいかもしれませんが、
納戸や倉庫などを物置として使うと、
大掃除の範囲を狭めることができます。

このように、一箇所に物をまとめておけば、
他の場所は整理整頓しやすくなり、
日々の掃除がずっと楽になります。

日本のお正月は、本当に特別な時期ですよね。

その新年をすがすがしい気分で迎えるために、
年末の大掃除は重要な習慣だと思います。

ですが、必ずしも年末だけに大掃除をする必要はありません。

無理をして年末に大掃除を行い、体を傷めてしまっては、
新年を楽しむことができませんよね。

掃除は時間に余裕がある時に少しずつ行うというのも、良い方法です。

タイトルとURLをコピーしました