ひつまぶしの発祥は?まかないともう一つの起源は?ひつまぶしの起源を追求!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

ひつまぶしがまかないから生まれたって聞いたけど
他にも起源があるのを耳にしました。

そこでひつまぶしの起源についての調査をしてみました。

もう一つのひつまぶしの起源説

結論として、
ひつまぶしの起源には複数の説がありますが、
どれが正確なのかは定かではありません。

 

名古屋の「あつた蓬莱軒」から生まれたとされる説

次に、名古屋の「あつた蓬莱軒」から
生まれたとされる説があります。

もともとは「うな丼」を提供していたが、
出前時に丼がよく割れてしまったため、
割れにくいお櫃に変更しました。

そのお櫃に入れたうなぎを分け合っているうちに、
現在のひつまぶしのスタイルが形成されたと言われています。

老舗「いば昇」から生まれたとされる説

さらに、もう一つの老舗「いば昇」も
ひつまぶしの発祥とされることがありますが、
どちらにせよ名古屋の伝統的な料理として知られています。

ひつまぶしの食べ方は人それぞれですが、
一般的には、お櫃の中身を四等分にし、
それぞれ異なる方法で楽しむのが一般的です。

まかないから生まれたとされるひつまぶしの起源

一般的に知られているのは「まかない説」です。

昔、天然うなぎだけを使用していた時代に、
太すぎて硬いうなぎは客に提供できず、
これを従業員のまかないとして活用していたといいます。

焼いて細かく切ったうなぎをご飯の上に乗せて、
食べやすくしたものが、
合間を縫って素早く食べられるように
薬味やお茶と一緒に提供されていたとされます。

ひつまぶしの発祥は?まとめ

結論として、
ひつまぶしの起源には複数の説がありますが、
どれが正確なのかは定かではありません。

しかし、そのおいしさに変わりはなく、
色々な説を考えながらひつまぶしを味わうのも楽しいものです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました