雨の日にリュックが濡れない方法!簡単で効果的な4つの方法!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

雨の日にリュックを濡らさずに済ませる方法は何でしょうか。

リュックは両手が使える上にたくさんの荷物を入れられるため
便利ですが、雨に弱い点が気になります。

今回は、雨の日でもリュックを濡らさない方法を
いくつかご紹介します。

参考にしてみてください。

雨の日のリュックを守る方法

雨の日にリュックを濡らさないための方法はいくつかあります。

予算や必要性に応じて、適した方法を見つけましょう。

リュックカバーを使う

カバーを使用すると、必要な時だけ使えて無駄になりません。

しかし、雨が降るか不確かな時に持ち歩くかは悩ましいです。

荷物が増えることにはなりますが、
可能な限り荷物は少なくしたいものです。

撥水・防水機能の優れたリュックを利用する

撥水や防水加工が施されたリュックへの投資も
雨の日の対策として有効です。

これらのリュックなら、少しの雨では
中の物が濡れる心配が少なく、水滴もすぐに拭き取れます。

止水ジッパー付きのリュックを選ぶことをお勧めします。

止水ジッパーは、ラミネート加工された
防水仕様のジッパーで、水の侵入を防ぎます。

また、雨の日はリュックを前で持つことも効果的です。

これはリュックを濡らさないためだけでなく、
ふくらはぎなどが濡れるのを避けるためにも有効です。

大きめの傘を使う

大きめの傘はコストパフォーマンスが高く
リュックはもちろん体全体を雨から守ります。

風の強い日は注意が必要です。

直径65~70センチの傘が適しています。

傘を頭の真上に差し、体とリュックを覆うようにします。

傘を低く持つと雨が入り込む隙間が少なくなります。

折りたたみ傘は便利ですが、リュックが濡れやすいので注意が必要です。

傘カバーも便利です。

防水スプレーを使用する

リュックに防水スプレーを使うと、濡れ防止効果が高まります。

しかし、乾燥時間が必要で、雨の程度によっては
使用を躊躇うこともあります。

消耗品なので無駄遣いに注意しましょう。

リュックの中身を雨からどう守る?

リュックが外側から濡れても、中のアイテムを守りたいですよね。

特にノートや書類など、紙製品が入っている場合はなおさらです。

そんなときに役立つ、中身を濡らさない基本的な対策を紹介します。

これらの対策を上記のリュックの防水性能と組み合わせることで、
さらに効果的になります。

防水ケースを使う

特に電子機器は水に敏感なので、防水ケースに入れておくと安心です。

使う時に少し手間がかかるかもしれませんが、
濡れてしまって使えなくなるリスクを考えれば、
その価値は十分あります。

ビニール袋を利用する

中身を雨から守る最も手軽な方法は、ビニール袋に入れることです。

荷物の大きさに合わせてどんな袋でも使えますが、
スーパーマーケットで入手できるビニール袋が便利です。

買い物の際にもらう袋は取っておくといざという時に役立ちます。

また、ゴミ袋も防水性があり大きさもあるのでお勧めです。

もっと丈夫さを求めるなら、米袋も良い選択肢です。

家にあれば試してみる価値があります。

さらに安全を確保するためには、袋の口をしっかり縛るか、
2重にする方法もあります。

まとめ

雨の日にリュックを濡らさないための方法をご紹介しました。

特別な方法は必要なく、基本的には傘を使って守るか、
カバーでリュック自体を保護することがポイントです。

自分にとって手間がかからず、簡単にできる方法から
始めてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました