「イオンモール」「イオンスタイル」「イオンタウン」それぞれの違いは?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

日本国内に広がる「イオン」グループには、
「イオンモール」「イオンタウン」「イオンスタイル」
といった様々なブランドがあります。

これらは一見すると似ているように見えますが、
実際にはそれぞれが独特の特徴や異なる魅力を持っています。

多くの人がこれらの違いを把握していないかもしれません。

そこで、今回は各ブランドの独自性や相違点を詳しく解説し、
その魅力に迫ります。

「イオンモール」「イオンタウン」「イオンスタイル」それぞれの特徴と違い

それでは、早速ですが、「イオンモール」、「イオンタウン」、
そして「イオンスタイル」それぞれが持つ独特の特徴と、
これらの違いについて詳しく見ていきましょう。

イオンモール

「イオンモール」とは、イオングループが展開する大規模なショッピングセンターです。

ここにはイオンをはじめとする多種多様な店舗が集まっています。

国内外に約168店舗を有し、アジア各国にも拡大しています。

映画館やレジャー施設、金融機関、医療施設などが併設されており、
家族連れに一日中楽しめる人気のスポットです。

イオンタウン

「イオンタウン」は、食品スーパーを中心としたイオングループの商業施設です。

全国に約148カ所の店舗があり、
イオンモールほど多くはないものの、
様々なニーズに応える買い物ができる人気の場所です。

特徴的なのは、平屋や低層の独立した建物で構成されており、
ドラッグストアや100円ショップ、
ホームセンターなどが隣接している点です。

イオンスタイル

「イオンスタイル」は、地域ごとに異なる「イオン○○店」をリニューアルした総合スーパーです。

いくつかの店舗は以前の名称から
「イオンスタイル○○」へと変更されました。

イオンモールやイオンタウンとは異なり、
特に質の高い商品を多く扱っており、
お酒やオーガニック食品、輸入食品などが豊富に揃っています。

これで、「イオンモール」「イオンタウン」「イオンスタイル」の特徴と
その違いについてご理解いただけたかと思います。

どの施設もその地域の特色を活かした魅力を持っています。

イオンモールが近くにあれば、食料品からファッション、
アウトドア用品まで幅広くショッピングを楽しめます。

イオンタウンは、日用品の購入に便利です。

そして、イオンスタイルでは、オーガニックや輸入品など、
少し珍しい商品を見つける楽しみがあります。

まとめ

「イオンモール」、「イオンタウン」、
そして「イオンスタイル」はそれぞれに特有の特徴があります。

食品を買うだけならどこでも大きな違いはないかもしれませんが、
これらの施設によっては、特別な商品の取り扱いがあったり、
映画館や銀行が利用できたり、ドラッグストアや
100円ショップに気軽に立ち寄れたりするなど、
利用するシチュエーションに合わせた利点があります。

近くに「イオンモール」、「イオンタウン」、
または「イオンスタイル」がある方は、ぜひ足を運んで、
その店舗の特色や取り扱っている商品の種類を
見てみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました