土用期間中に草むしりしてもいい?土をいじったりを避けるべき理由、 及び建築作業への対応について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

行事

土用の間に土をいじったり
草をむしることを避けるべき
という言い伝えについて
聞いたことはありますか?

土用とは何かと疑問に思う方も
多いかもしれません。

多くの人が知っている「土用の丑の日」
と関連する土用ですが、
これにはどのような意味があるのでしょうか。

この記事では、土用の意味と、
この期間中に土をいじったり
草をむしることを避けるべき理由について
解説します。

また、
建築作業に対する対応についてもご紹介します。

土用期間中に土をいじったり草をむしることを避けるべき理由

土用期間中に土をいじったり
草をむしることを避ける理由は、
土公神という神様の怒りを避けるためです。

では、土用と土公神の関係は
どのようなものでしょうか?

土公神は土を司る神様で、
存在する場所は時期によって変わります。

特に土用の期間は、
土公神が土中に宿るとされています。

土用自体は日本独自の雑節の一つで、
二十四節気や七十二候など
季節を示す名称とは異なり、
日本の風土に合わせた
細やかな季節の変化を表します。

具体的には、立春、立夏、立秋、立冬の直前の
約18日間が土用期間とされています。

この期間中に土公神が土に宿るため、
土を動かす行為をすると神の怒りを買い、
祟りを引き起こす恐れがあるとされています。

この信仰に基づき、
土用には土いじりや草むしりを
避けるべきとされています。

建築作業に関してはどうなのか

建築作業に関しても、
土用の期間中は控えるべきとされています。

特に、縁起を重視する場合には、
建築関連の作業を避けた方が良いでしょう。

地鎮祭においても、
土を掘る行為が含まれるため、
この期間中は控えるべきという意見もあります。

しかし、最近では土用の期間を気にせずに
作業を進める施工主や建築会社も増えています。

地域の風習や縁起を重んじる場合には、
事前に建築会社に相談するのが良いでしょう。

また、縁起を重視する建築会社の中には、
土用期間中の作業を自主的に控える傾向もあります。

土用時に土いじりが必要な場合の対応方法

土用の期間中に
どうしても土いじりをしなければならない時、
どうすれば良いでしょうか?

土用は季節によって約18日間続き、
この間は通常、
土をいじることを避ける傾向があります。

これが日常生活に支障をきたす場合もあるでしょう。

そのような時には、
「間日(まび)」を利用する方法があります。

間日とは、土公神が天上界にいるとされる日で、
この日は土公神が土中にいないため、
土用の期間でも土いじりをしても
構わないとされています。

間日は次のように定められています:

– 春の土用:巳、午、酉の日
– 夏の土用:卯、辰、申の日
– 秋の土用:未、酉、亥の日
– 冬の土用:寅、卯、巳の日

現在は日付を数字で表しますが、
昔は十二支を用いて間日を判断していました。

土用中に土いじりが必要な場合は、
これらの間日を選んで行うと良いでしょう。

土用の過ごし方についての提案

土用の期間におすすめの過ごし方は、
何もせずにのんびりと休むことです。

土用は中国の五行思想に基づいており、
各季節の気
(春は木気、夏は火気、秋は金気、冬は水気)の
変わり目に土の気が強くなる時期です。

この時期を「土旺用事」と呼び、
土用とされています。

土用期間中は土の気が盛んになる
(土公神が土中に宿る)ため、
土いじりや草むしりを避けることが
勧められています。

これは季節の変わり目で
体調を崩しやすい時期であるため、
静かに過ごすことが推奨されます。

昔の日本では農作業が主だったため、
土用を休日として設けることで
過労を防ぐ目的もあったとされます。

普段の疲れを感じている方は、
土用の期間を利用して体を休めるのが良いでしょう。

土用期間中の避けるべき行動について

土用期間中には
避けた方が良い行動がいくつかあります。

既に触れた通り、
土用の間は土いじりや草むしりなど、
土を扱う活動を避けることが推奨されています。

それでは、土用期間中に
他に控えるべきことは何でしょうか?

土用は季節の変わり目で、
体調を崩しやすい時期とされています。

このため、新しいことを始めるのは
適切でないと考えられています。

具体的には、就職や転職、結婚や婚約、
新居の購入、新しい事業の開始などが
含まれます。

さらに、土用期間中は
どの方向も縁起が良くないとされ、
旅行や引っ越しといった移動を伴う活動も
控えるべきと言われています。

特に注意すべきは「土用殺」と呼ばれる、
土用の各期間に特に避けるべき方向です:

– 春の土用:南東
– 夏の土用:南西
– 秋の土用:北西
– 冬の土用:北東

土用中の移動は基本的に避けた方が良いですが、
特にこれらの方角は不吉とされるため、
気をつけるべきです。

土用期間中に行うと良いこと

土用期間中に行うと良い活動として、
衣替えや掃除が挙げられます。

土用は季節の変わり目であるため、
衣替えに最適な時期です。

また、この期間は外出を控え、
家でのんびり過ごすことが推奨されているので、
家の中でできる掃除や衣替えはぴったりです。

特に夏の土用期間には、
衣類や本などを陰干しする
「土用の虫干し」という風習があります。

さらに、
土用は体調不良になりやすい時期なので、
食事によって体力をつけることも重要です。

夏の土用には「う」のつく食べ物や
黒い食べ物を摂取すると良いとされ、
その中でもうなぎを食べる習慣があります。

他に梅干しや瓜、
うどんなどが推奨されています。

土用の時期に応じて、
食べると良い食品の種類も異なります。

例えば秋の土用では
「た」のつく食べ物や青いもの、
冬の土用では「ひ」のつく食べ物や赤いもの、
春の土用では「い」のつく食べ物や
白いものを食べると良いとされています。

土用期間中の土作業と草取りに関する注意事項まとめ

土用期間中に土作業や草取りを控えるべき
主な理由は、この時期に土の中に宿るとされる
土公神に関連しています。

土用の期間に土を触ることは、
土公神を怒らせ、
祟りが起こるという信仰が根強くあります。

そのため、特に縁起を気にする方は、
この時期に建築作業などの土を扱う活動を
避けることが望ましいとされています。

建築業界の中には、
土用期間中の作業を避ける企業もありますが、
土用に関係なく地鎮祭などの
儀式を執り行う業者も存在します。

タイトルとURLをコピーしました