「192.168.1.1」ユーザー名・パスワードを忘れた時の確認方法!ルーターのデフォルトIPアドレスも

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

【タイトル】
「192.168.1.1」:ルーターのデフォルトIPアドレスとユーザー名・パスワードの確認方法
【本文】

「192.168.1.1」ユーザー名・パスワードを忘れた時の確認方法!

「192.168.1.1」は、多くのルーターで採用されている標準的なデフォルトIPアドレスです。

このアドレスを用いて自宅のルーターにアクセスする際、ユーザー名やパスワードがわからなくなったときの対処法は何でしょうか?

このIPアドレスをブラウザに入力することで、ルーターの設定画面にアクセスできます。

もしユーザー名やパスワードを変更していない場合、
多くは
ルーターの取扱説明書や本体に貼られたシールに記載されています。
私がAmazonでルーターを買った際には、ルーターにシールがはっあり、その部分に記載がありました。

設定を忘れてしまった場合

設定を忘れてしまった場合は、ルーターを初期化してデフォルトのユーザー名とパスワードに戻すことができます。
ただし、初期化を行うとプロバイダ情報やIPアドレス設定もリセットされますので、再度設定が必要になります。
光電話サービスなどを利用している場合は、さらに注意が必要です。
初期化後には、プロバイダから提供された接続用ユーザーIDやパスワードを再設定する必要があります。
ルーターをレンタルしているプロバイダに電話したり、

au電話と一緒に契約しているのであれば、
auのカスタマーセンターに電話して、
ルーターを契約している会社の電話番号を教えてもらったりすると良いでしょう!

一般的なユーザー名には「root」や「admin」がありますが、これに限られるわけではありません。

パスワードは「0000」や「admin」、時には空欄で設定されていることもあります。

特定のプロバイダでは、「user」、「root」、「0000」、「1111」などの組み合わせが頻繁に使われることがあります。

 

「192.168.1.1」:家庭用ルーターのデフォルトゲートウェイIPアドレスについて

「192.168.1.1」は、家庭用ルーターで広く使われるデフォルトのゲートウェイIPアドレスです。

デフォルトゲートウェイとは、異なるネットワーク同士をつなぐ役割を持つデバイスのIPアドレスを指します。

一般的には、家庭内のLANにおいてブロードバンドルーターがこのデフォルトゲートウェイとして機能します。

ルーターのデフォルトゲートウェイIPアドレスは、通常「192.168.1.1」や「192.168.0.1」のように設定されていますが、これはルーターのメーカーやモデルによって変わる場合があります。

ルーターの設定にアクセスするためには、ブラウザで「http://192.168.1.1」と入力しますが、このIPアドレスの最後の数字はルーターによって異なるため、使用する前に確認することが重要です。

まとめ

市販のルーターで見られるデフォルトのパスワードには、「未設定」、「root」、「user」、「admin」といったものがあります。

自分で設定を変更した場合にそのパスワードを忘れてしまうと、簡単には回復できないことがあります。

パスワードを忘れた時は、ルーターを工場出荷時の設定にリセットするのが一般的な解決策です。

リセットの方法については、ルーターの製造メーカーやインターネットサービスプロバイダのウェブサイトを参照してください。

 

これらの設定は一例に過ぎず、
実際の設定は各ルーターによって異なる可能性がありますので、使用するルーターの具体的な設定を確認することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました