arkoseチャレンジしたのに解除にならない。X(旧Twitter)DM送信後にアカウントロックした時の解決方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

【タイトル】
arkoseチャレンジの難関:X(元Twitter)のDM操作後のアカウント復旧対策

X(元Twitter)でダイレクトメッセージを送った後に、一部のアカウントがロックされる事態が発生しています。

この際、アカウントを復旧させるためにはarkoseチャレンジをクリアする必要があるとされています。

このチャレンジでは、「矢印を使って指定された座標に列車を移動させる」というようなタスクが課されます。

Arkoseチャレンジの手順:アカウントロックの解除方法

Xユーザーの安全を守るため、異常な動きが発見された際には、本人確認が必要になることがあります。

その際の手順は以下の通りです。

アカウントロックの解除方法

①Arkoseチャレンジに合格する
②「Google reCAPTCHAチャレンジ」のクリア

「私はロボットではありません」という項目にチェックを入れ、提示される画像から指定されたものを選択して確認します。

③電話番号での確認
「開始」をクリックして、送られてくるSMSの認証コードを入力し、ロックを解除します。

④ロック解除後は一時的にフォロー数が「0」に表示される

ことがありますが、これはシステムの仕様です。他のユーザーのアカウントからはフォローが外れていない状態で表示されます。

通常、24時間以内(場合によっては1~2時間で)に元のフォロー数に戻ります。

DM送信後のアカウントロック解除

X(旧Twitter)を使用中にアカウントがロックされ、Arkoseチャレンジに取り組んでも進行が止まってしまう場合があります。
このような状況で効果的なのは、電話番号を使ったSMS認証の試みです。
この認証を完了させると、「アカウントが使用可能です。ご対応ありがとうございます」というメッセージが画面に表示され、アカウントロックが解除される可能性があります。
さらに、一部のユーザーは、「設定とサポート」メニューから「設定とプライバシー」に進み、「アカウント」タブの「アカウント情報」セクションにて電話番号を登録することでDMの送信が再びできるようになったと報告しています。

まとめ

X(元Twitter)でDMを送信すると、時折「アカウントがロックされました」という通知が出ることがあります。

その際、アカウントを解除するためにはArkoseチャレンジの完了が必要です。

このチャレンジはBOTの排除を目的としており、「特定の座標に列車を移動させる」「石の数を正確に合わせる」といった問題が出されます。

これらの問題を解決すると、「アカウントの使用を再開できるようになりました。ありがとうございます」というメッセージが表示され、ロックが解除されます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました